ここから本文です。

更新日:2018年9月5日

平成29年 市町村別の人口及び人口動態

  •   総計では、人口上位4市が総人口の半分以上を占める
  •   日本人では、人口上位4市が総人口の半分以上を占める
  •   外国人では、人口上位3市が総人口の半分以上を占める 
  •   日本人では、1市で人口増加

  【表3-1~6-2,図2】

 総計では、市町村別の人口が多いのは、宇都宮市(522,262人)、 小山市(166,533人)、栃木市(162,734人)、足利市(151,248人)、佐野市(120,437人)の順となっており、人口上位4市が栃木県人口(総計)の半分以上(51.27%)を占めています。一方、人口が少ないのは、塩谷町(11,795人)、市貝町(12,016人)、茂木町(13,603人)、芳賀町(15,899人)、那珂川町(17,195人)の順となっています(表3-1参照)。

 日本人では、市町村別の人口が多いのは、宇都宮市(513,835人)、小山市(160,610人)、栃木市(159,250人)、足利市(147,317人)、佐野市(118,105人)の順となっており、人口上位4市が栃木県人口(日本人)の半分以上(50.16%)を占めています。一方、人口が少ないのは、塩谷町(11,734人)、市貝町(11,859人)、茂木町(13,527人)、芳賀町(15,758人)、那珂川町(17,108人)の順となっています(表3-2参照)。

 外国人では、市町村別の人口が多いのは、宇都宮市(8,427人)、小山市(5,923人)、足利市(3,931人)、栃木市(3,484人)、真岡市(3,177人)の順となっており、人口上位3市が栃木県人口(外国人)の半分以上(51.18%)を占めています。一方、人口が少ないのは、塩谷町(61人)、茂木町(76人)、那珂川町(87人)、芳賀町(141人)、市貝町(157人)の順となっています(表3-3参照)。

 日本人について、市町村別に人口増減の状況をみると、1市(前年4市町)で人口が増加しています。前年に比べ最も人口が増加したのは、宇都宮市(112人)で、一方、前年に比べ最も人口が減少したのは、足利市(△1,326人)となっています。また、人口増加率が最も高いのは、宇都宮市(0.02%)で、人口減少率が最も高いのは、那珂川町(△2.29%)となっています。

 表3-1 市町村別人口及び世帯数【総計】(エクセル:40KB)

 表3-2 市町村別人口及び世帯数【日本人】(エクセル:40KB)

 表3-3 市町村別人口及び世帯数【外国人】(エクセル:39KB)

 表4-1 市町村別の人口動態【総計】(エクセル:29KB)

 表4-2 市町村別の人口動態【日本人】(エクセル:30KB)

 表4-3 市町村別の人口動態【外国人】(エクセル:33KB)

図2 市町村別の人口増加率

image29_002

 

 

 表5-1 人口増加数の大きい市町村【日本人】

 

市町村名

人口増加数
(人)

自然増加数 社会増加数

出生者数
A

死亡者数
B
増加数
A-B
転入者数
C
その他記載数
D
転出者数
E
その他消除数
F
増加数
(C+D)-(E+F)
宇都宮市 112 4,590 4,719 △129 17,630 291 17,657 23 241

 

 

表5-2 人口増加率の高い市町村【日本人】

 

市町村名 人口増加率(%)

宇都宮市

0.02

 

 

表6-1 人口減少数の大きい市町村【日本人】

 

市町村名

人口減少数
(人)

自然減少数 社会減少数

出生者数
A

死亡者数
B
減少数
A-B
転入者数
C
その他記載数
D
転出者数
E
その他消除数
F
減少数
(C+D)-(E+F)
足利市 △1,326 962 1,879 △917 2,916 51 3,359 17 △409
日光市 △1,245 478 1,206 △728 1,802 37 2,331 25 △517
栃木市 △1,061 997 1,999 △1,002 3,468 58 3,550 35 △59
佐野市 △965 806 1,551 △745 2,663 41 2,907 17 △220
鹿沼市 △689 645 1,166 △521 2,062 23 2,236 17 △168

 

 

表6-2 人口減少率の高い市町村【日本人】

 

市町村名 人口減少率(%)

那珂川町 

△2.29

茂木町 

△2.27

塩谷町

△2.13

那須烏山市 

△1.49

日光市 

△1.46

 

  •  日本人では、25市町で自然減少

 【表7,8】

 日本人では、25市町で人口が自然減少している。自然減少数が最も大きいのは、栃木市(△1,002人)で、自然減少率が最も高いのは、茂木町(△1.47%)となっています。 

表7 自然増加の大きい市町村【日本人】

※人口が自然増加している市町はありませんでした。

 

表8 自然減少の大きい市町村【日本人】

 

 

順位

自然減少数

順位

自然減少率

市町村名

市町村名

1

栃木市

△1,002

1

茂木町

△1.47

2

足利市

△917

2

塩谷町

△1.07

3

佐野市

△745

那珂川町

△1.07

4

日光市

△728

4

那須烏山市

△0.89

5

鹿沼市

△521

日光市

△0.85

 

 

  • 日本人では、4市町で社会増加、21市町で社会減少

 【表9,10】

 日本人で、人口が社会増加しているのは、4市町であり、社会増加数が最も大きいのは、宇都宮市(241人)で、社会増加率が最も高いのは芳賀町(0.33%)となっています。
 一方、日本人で、人口が社会減少しているのは、21市町であり、社会減少数が最も大きいのは、日光市(△517人)で、社会減少率が最も高いのは、那珂川町(△1.22%)となっています。 

表9 社会増加の大きい市町村【日本人】

順位

社会増加数

順位

社会増加率

市町村名

市町村名

1

宇都宮市

241

1

芳賀町

0.33

2

真岡市

133

2

真岡市

0.17

3

芳賀町

52

3

壬生町 

0.12

4

壬生町

48

4

宇都宮市

0.05

 

表10 社会減少の大きい市町村【日本人】

順位

社会減少数

順位

社会減少率

市町村名

市町村名

1

日光市

△517

1

那珂川町

△1.22

2

足利市

△409

2

塩谷町

△1.06

3

矢板市

△265

3

茂木町

△0.80

4

小山市

△249

4

矢板市

△0.79

 

 戻る

お問い合わせ

市町村課 管理担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館8階

電話番号:028-623-2113

ファックス番号:028-623-3924

Email:shichoson@pref.tochigi.lg.jp