ホーム > 魅力たっぷり This is 栃木 > とちぎ暮らし > とちぎ週末インターンシップ事業『はじまりのローカル コンパス』

ここから本文です。

更新日:2015年9月25日

とちぎ週末インターンシップ事業『はじまりのローカル コンパス』

※2016年度のプログラムは、すべて終了しました。ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました!
取組の様子などは、『はじまりのローカル コンパス』専用サイトに掲載していますので、是非ご覧ください。
https://www.hajimari-local.jp/(外部サイトへリンク)

『はじまりのローカル コンパス』、2016年もはじまります! 

 \東京から90分!/
とちぎでなら出来る、あなたを変える、ローカルのある暮らしのはじめ方。

compass

 http://www.hajimari-local.jp/(外部サイトへリンク)

 

都内から気軽に行き来できる近さと、豊かな自然や文化、魅力的な人・地域プロジェクトが同居するニア東京・栃木県。
昨年度も大好評だった「はじまりのローカル コンパス」、2016年もいよいよこの秋スタートします。 

いきなり移住は、ハードルが高い。観光だけでは、もの足りない。

この「はじまりのローカル コンパス」では、「都市部に住みながら、栃木の地域プロジェクトに行き来する」、そんなローカルとの新しい関係を提案します。

訪問先として、それぞれ特徴の異なる複数の地域を用意。

自らの想いをカタチにしながら地域で活躍するナビゲーターのもと、実際に地域プロジェクトに参画しながら、実際に自分の目で見て、触れて、感じて、参加者と地域がともに新しいローカルストーリーをつむぎ、成長していくプロジェクトです。

 

 \もっととちぎ!/ ひととまちとつながる旅

 テーマは「実際にとちぎと繋がる」こと。地域ナビゲーターの案内のもと、地域で生まれているローカルストーリーに参加します。個性溢れる2つのまちからどちらかを選び、たくさんの「ひと」「もの」「こと」につながります。コンパスの旅は終わっても、生まれたつながりを活かしたNEXTステップを応援していきます。

tour

 

募集概要 

日時:2016.10.8(土) ~プログラム毎に随時~ 2017.1.28(土)

募集人数:20名(各コース10名)

対象:
・栃木県外在住者で概ね40歳以下の若者
・地方での暮らしや地方との関わりに興味/関心のある方
・原則としてすべてのプログラムに参加できる方
(★2回目のフィールドワークからの参加も応相談です。専用サイトよりお問い合わせください!)

プログラム参加費:無料
※宿泊費および飲食代、現地集合場所までの交通費、他個人的費用は、別途かかります。
※フィールドワーク1回分の交通費、宿泊費および飲食代等の参考費用は、¥10,000前後の予定です。
交通費は東京発着を目安としています。

場所:東京都および栃木県(プログラム毎に異なる)

申込み方法:「はじまりのローカル コンパス」専用サイトよりお申し込みください。
http://www.hajimari-local.jp/event/16long/(外部サイトへリンク)

全体スケジュール

tour

第1回 オリエンテーション「地域の歩き方」

2016.10.8(土) 14:00~17:30
会場:Creator’s District 608
(東京都渋谷区渋谷1-17-1 TOC第2ビル6階608 渋谷駅から徒歩5分)
http://www.koujiyahakokikou.com/2012/05/creators-district608.html(外部サイトへリンク)

はじめての人でも安心!とちぎへ行く前のウォーミングアップとして、ローカルに関わるイロハを学びます。とちぎのことを知り、あなたとローカルとの関わり方を考える時間です。とちぎの素材をつかったおいしい料理を食べながら、共にプログラムに参加するチームビルディングも行います。


orien

第2・3回 フィールドワーク@栃木

1泊2日の日程で2回訪れます。地域コーディネーターの案内のもと、まずは地域とそこに住む人々の魅力に触れ、暮らしやしごとを体感します。3回目では、自分に出来ること、したいことを考えながら、地域イベントをサポートしたり、実際にアクションを起こしたりと、まちを舞台にはじめの一歩を踏み出します。
以下のの2つのコースからどちらかを選択し、参加します。

【まちなかコース:栃木市】

<訪問先> マチナカプロジェクト(外部サイトへリンク)
栃木高校の同級生3人で立ち上げ、栃木らしい空間・モノ・ロケーションを活用して、遊ぶ・学ぶ・働く・暮らす喜びをつなげています。現在、まちの中心部の歴史的建物を活用して、人が集える拠点施設のリノベーション事業が進行中。また、高校生と地域をつなぐ活動など人材の発掘・育成にも力を入れています。

第2回目 2016.11.26(土) ~11.27(日)
第3回目 2016.12.10(土) ~12.11(日)

<こんなことをやる予定です>
・蔵のまちなみ探索ツアー
・農家や職人のしごと拝見
・歴史的建物のリノベーション作業
・とちぎの素材×あなたの得意なことで小商い
・自分や家族の記念ごとを栃木らしく記念に残す
※チームに分かれて取り組む予定です。

<こんな人を待っています>
・地域の場づくりをしてみたい
・小商いをしてみたい
・自分や家族の記念ごとを楽しみたい
・蔵のまちなみを活かしたい

【さとやまコース:益子町】

<訪問先> ヒジノワ cafe&space(外部サイトへリンク)
2009 年に益子町で開催されたアートイベント「土祭( ひじさい)」をきっかけに個性豊かなメンバーが繋がり立ち上げたヒジノワ。展示する作家や役場の職員、住民たちが築100 年の民家をリノベーションし、カフェの運営、企画展、貸しギャラリー、陶器市のマーケットなどを行っています。

第2回目 2016.10.22(土) ~10.23(日)
第3回目 2016.11.19(土) ~11.20(日)

<こんなことをやる予定です>
・益子の風土・風景を読み解くツアー
・作家さんのしごと&暮らし体験
・1日弟子入り体験(木工・陶芸・大工・服飾・農業・パン屋など)
ミチカケ(外部サイトへリンク)制作チームとともにフリーペーパー制作
・益子な人たちとの交流会

<こんな人を待っています>
・アートやものづくりに興味がある
・作家の暮らしを覗いてみたい
・展示やイベントの企画をやりたい
・丁寧や暮らしをしたい
・ライティングや編集に興味がある

fuudo

meeting

第4回 報告会 「あなたのローカル、見つかりましたか?」

2017.1.28(土) PM @栃木県宇都宮市内

今回の旅を通して体験・経験したことや、これからのアクションプランの発表のほか、関わった人たちによるトークセッションを行います。後半は、とちぎのたくさんの人たちとの大交流会も開催し、みんなのNEXTステップを応援します。

地域ナビゲーター【私たちがご案内します!】

まちなかコース

マチナカプロジェクト
栃木県栃木市入舟町8-22
WEB(外部サイトへリンク)  Twitter(外部サイトへリンク)  Facebook(外部サイトへリンク)

栃木高校の同級生3 人で立ち上げ、栃木らしい空間・モノ・ロケーションを活用して、遊ぶ・学ぶ・働く・暮らす喜びをつなげています。現在、まちの中心部の歴史的建物を活用して、人が集える拠点施設のリノベーション事業が進行中。また、高校生と地域をつなぐ活動など人材の発掘・育成にも力を入れています。

【栃木市】
江戸時代、日光例幣使街道の宿場町として、また舟運による商人町として賑わい、見世蔵や土蔵が軒を連ねました。政治・経済・文化の中心として栄えた商都でもあり、当時の町並みを残しています。

 

oonami
大波 龍郷 (マチナカプロジェクト代表)
1984年小山市生まれ。栃木高校出身。神奈川大学建築学科卒業。転勤族育ちゆえ、地域に根ざした暮らしをしたいと考え、高校通学で栃木の歴史ある町並みや暮らしに興味を持つ。3年前から明治時代の長屋を借りて、念願の栃木暮らしを満喫中。地域に根ざした文化と若者を愛するコーディネーター。

goto
後藤 洋平 (マチナカプロジェクト リノベーション担当)
1984年栃木市( 旧大平町)生まれ。栃木高校出身。新潟大学建築学修士課程修了。東京でゼネコン設計部に勤務後、建物のデザインだけでない「場所づくり」を目指し、宇都宮市の設計不動産事務所に転職。建築と猫と音楽とカレーを愛する一級建築士。

nakamura
中村 純 (マチナカプロジェクト 不動産担当)
1984年栃木市生まれ。栃木高校出身。東京農業大学森林総合科学科卒業。大手ハウスメーカー勤務( 営業担当)後、いいものが売れるとは限らない現代に、地域の魅力を売り歩く営業マンになろうと地元に戻る。小銭と子どもをこよなく愛する2 児の父。

さとやまコース

ヒジノワ CAFE&SPACE
栃木県芳賀郡益子町益子1665
Web(外部サイトへリンク)  Twitter(外部サイトへリンク)  Facebook(外部サイトへリンク)

2009年に益子町で開催されたアートイベント「土祭( ひじさい)」(外部サイトへリンク)をきっかけに個性豊かなメンバーが繋がり立ち上げたヒジノワ。展示する作家や役場の職員、住民たちが築100年の民家をリノベーションし、カフェの運営、企画展、貸しギャラリー、陶器市のマーケットなどを行っています。

【益子町】
窯業と農業の町。蕎麦やパンなどこだわりのお店も多く食の町でもある。陶芸を志す人を中心に、さまざまな素材を用いたクラフトの作り手も移住し、地に足がついた暮らしと創作を両立させています。

 

minoru
鈴木 稔 (ヒジノワ代表 陶芸家)
埼玉県出身。1996年益子町に築窯、独立。個展だけでなく、北海道から沖縄まで陶芸のワークショップも精力的に行う。2009年ヒジノワの立ち上げに関わり、2016年から代表を務める。

takada
高田 秀明 (星居社(株)主宰)
栃木県出身。建築・デザインを志し益子のSTARNETを経て大工に。第1 回土祭から会場設営を担い、ヒジノワの立ち上げから参加。副代表、代表を歴任。仕事では仲間とともに住宅、店舗、家具の製作を行う。

minoda2
簑田 理香 (地域編集室(外部サイトへリンク) 主宰)
益子の人と暮らしを伝える「ミチカケ」編集人。宇都宮大学COC+コーディネーター。益子町「土祭2015 」プロジェクトマネージャー。熊本県生まれ。福岡・東京・宇都宮を経て25年前から益子町の住人。

 お申し込み方法

以下の『はじまりのローカル コンパス』専用サイトから、お申し込みください。

http://www.hajimari-local.jp/event/16long/(外部サイトへリンク)

 


主催・実施団体

主催:栃木県

事務局:NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク
 http://www.tochigi-ysn.net/(外部サイトへリンク)

 


お問い合わせ

地域振興課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館8階

電話番号:028-623-2236

ファックス番号:028-623-2234

Email:chiiki@pref.tochigi.lg.jp