ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 催し案内・お知らせ(県政インフォメーション) > 東京圏に住む栃木県出身の若者向け交流イベント「JIMOTO TOCHIGI FES!2019」

ここから本文です。

更新日:2019年2月4日

東京圏に住む栃木県出身の若者向け交流イベント「JIMOTO TOCHIGI FES!2019」

栃木県出身の若者向け交流イベント「JIMOTO TOCHIGI FES!2019」(ジモトトチギフェス)を開催します。

JIMOTO TOCHIGI FES2019

主催

栃木県

実施日(期間)

2019年2月24日(日曜日)

13時00分から17時00分

場所

シティラボ東京(東京都中央区京橋3丁目1-1 東京スクエアガーデン6階)
・東京メトロ銀座線「京橋駅」3番出口直結
・都営浅草線「宝町駅」A4番出口より徒歩2分
・JR「東京駅」八重洲南口より徒歩6分

対象(資格等)

東京圏に住む18歳から概ね35歳までの栃木県出身者

定員

100名 (先着順)

負担金等

無料(交流会参加者は1,000円)

申込期間・締切

随時募集

申込方法

電話

参加申込みフォーム(外部サイトへリンク)

\今年も集まれー!栃木県出身の若者限定交流イベント開催☆/

昨年、大盛況だった「ジモトチフェス」を今年も開催します!

栃木県出身のU-35の若者が集まり、地元や暮らしのこと、しごとのこと、これからのことについて語り合ったり、交流したりする1日です。
地元を離れてから知ることができなかった栃木の新しい魅力にもきっと気付けるはず。

この機会に今の栃木を見たり、聞いたり、話したり、地元の”今”に触れてみませんか?

イベント詳細や前回の様子はWEBをご覧ください!
JIMOTO TOCHIGI FES!公式WEB(外部サイトへリンク)

【 イベント概要 】
<ジモト・ミーティング> 13時00分~15時30分
◎栃木の”今”を知るトークセッション
私たちの地元には、地域の新しい魅力を見いだし、栃木から、東京から、地元を盛り上げる若者がいます。U-35世代の3人のキーパーソンによる活動紹介セッション。
今、栃木で起きている新しい動きに注目してみませんか?

これからの栃木を考えるジモトトーク
参加者みんなで「これからの栃木」や「栃木との関係」などをテーマに、栃木を盛り上げるために出来ることや、栃木を楽しむためのアイデアを、キーパーソンも交えて一緒に考えていく参加型の時間です。
出身エリアも年代も、通った学校も違うけれど、共通のキーワードである「栃木」を軸に、新たな栃木と出会いましょう。

<ジモト・パーティ>15時50分~17時00分
栃木ゆかりの食を堪能しながら、つながりをつくる交流会。PRタイムやここだけのマル秘イベントも。栃木で何かはじめるきっかけになる仲間に出会えるチャンス。

=キーパーソン紹介=
☆中尾 真仁さん(クラフトビール醸造所& Brew Pub「BLUE MAGIC」店長)
栃木市出身。県内の酒蔵にて日本酒造りを経験し、宇都宮でクラフトビールを提供・醸造する「BLUE MAGIC」にて店舗と醸造の責任者を兼任。ビールの醸造を通して、地域の原料やイベント、県内外とのコラボレーションをしながら栃木の良きもの、魅力を発信。自由な発想にて想像から創造へと栃木の活性化を目指す。

☆手塚 真亜子さん(日光彫職人)
日光市出身。都内の美術大学でグラフィックデザインを学んだのちUターン。実家の「村上豊八商店」にて伝統工芸 日光彫の制作に従事し、主に商品のデザイン・彫刻・塗りを行っている。県民栄誉賞のトロフィー制作など一点ものから、市内の雑貨店とコラボした御朱印帖の制作を行うなど、幅広い商品づくりに取り組んでいる。

☆鶴見 裕也さん(グラフィックデザイナー)
足利市出身、埼玉県さいたま市在住。東京都内のデザイン専門学校卒業。2社のデザイン制作会社に勤務した後、足利市ヘのU ターンを目的に、2015年に独立し、SpearMintを設立。現在は足利市とさいたま市、2拠点で活動。足利との関わりとして、広報物のデザインやブランディング、イベント運営メンバーなど様々。

=FES!総合MC=
永井 塁さん(喋り屋・芸人 / ならでわ株式会社 所属)
栃木県出身の喋り屋。リンク栃木ブレックスを中心にMC活動をする他、音楽×お笑いのエンタメチームで歌とつっこみを担当し、寄席小屋「笑い場しもつけ」をプロデュース、運営している。

お問い合わせ

地域振興課 地域振興・移住促進担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館8階

電話番号:028-623-2236

ファックス番号:028-623-2234

Email:chiiki@pref.tochigi.lg.jp

広告