重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 総合政策部 > 地域振興課 > 地域振興課 お知らせ・行政情報 > 【募集開始】とちぎでTRY!テレワーク移住体験補助金(とちぎお試しテレワーク推進事業)

更新日:2021年8月5日

ここから本文です。

【募集開始】とちぎでTRY!テレワーク移住体験補助金(とちぎお試しテレワーク推進事業)

新型コロナウイルス感染症の拡大を契機に、テレワークなどの「新しい働き方」や地方移住への意識の高まりが注目されています。

こうした中、栃木県では、地方への移住志向を有する東京圏の法人に勤務している従業員等の皆様に、本県のテレワーク環境や生活環境を体験してもらうため、とちぎでTRY!テレワーク移住体験補助金(とちぎお試しテレワーク推進事業)を開始しました。

詳しくは、チラシ(PDF:794KB)募集要項(PDF:1,172KB)よくある質問(PDF:243KB)をご覧ください。

※お試しテレワーク終了後、アンケート(エクセル:70KB)にご協力頂いております。

テレワークにおすすめ!栃木県

access東北新幹線で、東京から県南部の小山まで42分、県都宇都宮まで49分。県北部の那須塩原へも69分で結ばれており、テレワーク元の職場に行く用事ができてもひとっ飛びです。在来線でも、東京-宇都宮間は約90分。上野東京ラインや湘南新宿ラインにより、東京へのアクセスは大変便利です。

housing1住宅当たりの敷地面積が全国5位(平成30年度)であるなど、広々とした住まいでゆとりのある生活が楽しめます。また、保育所待機児童数は東京圏に比べ圧倒的に少ないほか、「ようこそ赤ちゃん!支え愛事業」をはじめ、官民挙げて子育てをサポートしています。 

climate

 平地では、平均気温は12~14℃と温暖であり、雪もほとんど降りません。また、全国でも地震発生の確率は低く見積もられている地域です。

 

nature

 鬼怒川、那須、塩原、湯西川といった数多くの温泉があるほか、日光国立公園や尾瀬国立公園の2つの国立公園を有するなど、豊かな自然に恵まれています。また、世界遺産の日光、室町時代からの歴史ある足利、益子焼で有名な益子など魅力ある文化的名所にも恵まれており、充実した休日を過ごすことができます。

 事業の概要

対象となる従業員等の皆様が、栃木県内に滞在し、「お試しテレワーク」を行う場合、宿泊費や賃料、交通費、通信費など、必要となる経費の一部を栃木県が補助します。

(すでに本県への移住を決定している方の利用はご遠慮願います。) 

補助対象者の要件

以下の要件を全て満たす方が補助対象者となります。

(東京圏とは、埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県をいいます。)

要件
  • 東京圏に在住していること
  • 東京圏で勤務していること
  • お試しテレワークを実施する全期間にわたり本県内に滞在場所を確保すること。
  • 県又は県内市町が設置する移住相談窓口において、本補助金の交付申請前までに移住相談をしていること
  • 出張でないこと
  • 世帯員を含め、これまでに本補助金の交付を受けていないこと
  • 法人の種別や本社所在地には制限はありません。
  • 法人の代表者や役員も対象になります。(常勤に限ります。)
  • 単に栃木県内での営業行為を目的とするものは除きます。

 補助内容

 (1)補助額

(3)の補助対象経費(の全額)を対象とし、(最大)10万円を上限額とします。

  • お試しテレワークに同行する世帯員がいる場合は、世帯員に要する経費も含みます。
  • 世帯員とは、住民票上の世帯員をいいます。

(2)補助期間

最短7日(6泊7日)から最長1ヶ月(30泊31日)

  • お試しテレワークのために本県に到着した日を事業開始日とし、お試しテレワークを終了し、本県を離れた日を事業完了日とします。
  • 期間中は連続して本県内に滞在場所を確保してください。
  • 期間中に、補助対象者に起因しない場合も含め、お試しテレワークを終了する場合(6泊7日に満たない場合)は、本補助金の交付ができません。

(3)補助対象経費

種類 内容
宿泊費・賃料・利用料 お試しテレワークのために滞在する施設の宿泊費・賃料・利用料、コワーキングスペースの利用料、インターネット利用料、光熱水費を補助します。
本県内での生活に要する経費 お試しテレワーク期間中に使用するレンタカーの利用料を補助します。(燃料費は除く。)
お試しテレワークに要する交通費 お試しテレワーク開始及び終了のためにかかる交通費を補助します(燃料費は除く。)
通信費

お試しテレワークのために新たにレンタルするポケットWi-Fiレンタル料を補助します。

  • 交付決定後にキャンセルをした場合のキャンセル料は補助対象経費といたしません。 

その他、移住に向けた支援を用意しています!

栃木県への移住・二拠点居住等をご希望の場合、お手伝いいたします。

【移住・二拠点居住等】

とちぎ暮らし・しごと支援センター(オンライン相談も実施中!)

 

【移住支援事業】

最大100万円の移住支援金!

東京23区在住の方又は東京圏から23区に通勤する方が栃木県へ移住すると、移住支援金の支給の対象になる場合があります。
※2020年12月22日からは、テレワーカーへも支給対象が拡大されました。
在住期間や通勤期間等、一定の条件がありますので、詳しくは、こちらをご覧ください。

 

【栃木県移住・定住促進サイト】

ベリーマッチとちぎ(外部サイトへリンク)

~テレワーカー向けに本県の暮らし紹介動画を作成しました~

・栃木県での新しい暮らし方紹介動画 part.1(外部サイトへリンク)
・栃木県での暮らし方紹介動画 part.2 住まいと暮らし編(外部サイトへリンク)
・栃木県での暮らし方紹介動画 part.3 子育て環境編(外部サイトへリンク)
・とちぎテレワーカーインタビュー 予告編(外部サイトへリンク)

申請手続

お試しテレワークを開始したい1週間前までに、下記の「お問い合わせ先」あて必要書類を郵送してください。

事業計画等が本事業の要件に合致していると認められましたら、交付決定通知を郵送いたしますので、お試しテレワークを開始してください。

詳しくは、募集要項をご覧ください。

交付要綱・申請様式

お問い合わせ

地域振興課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館8階

電話番号:028-623-2236

ファックス番号:028-623-2234

Email:chiiki@pref.tochigi.lg.jp