ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 報道発表 > マイナンバー制度における情報連携の試行運用について

ここから本文です。

2017年7月14日発表

マイナンバー制度における情報連携の試行運用について

 マイナンバー制度における情報連携について、平成29年7月18日火曜日から試行運用(約3ヶ月程度)が開始されますのでお知らせします。

 試行運用期間中は、現行の事務処理と情報連携による事務処理を並行し、情報提供ネットワークシステムを利用した事務処理が適切に行われるかの確認と検証をした上で、本格運用を行うこととしています。

 本格運用は平成29年秋頃の予定です。

情報連携とは

 マイナンバー法に基づき、これまで住民の方が行政の各種事務手続で提出する必要があった申請書の添付書類の一部を省略できるよう、国が管理運営するネットワークシステム(情報提供ネットワークシステム)を利用して、異なる行政機関の間で情報のやり取りをすることです。

 対象となるのは、社会保障・税・災害対策の3分野において、マイナンバーを用いて申請等を行う事務手続ですが、情報連携の開始のタイミングはそれぞれの事務によって異なります。詳しくは、各事務の担当窓口にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

行政改革推進室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館10階

電話番号:028-623-2226

ファックス番号:028-623-2228

Email:gyokaku@pref.tochigi.lg.jp

広告