ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 報道発表 > 高等学校等就学支援金に係る個人情報流出事故について

ここから本文です。

2017年1月23日発表

高等学校等就学支援金に係る個人情報流出事故について

 1 事故概要

(1)発 生 日 時:平成29年1月20日(金)17時16分(感知)

(2)事 故 内 容:文書学事課担当職員が私立高等学校1校の高

           等学校等就学支援金に係るファイルを、県内

           の高等学校等就学支援金対象学校25校に誤

           送信したもの。

(3)二次被害の状況:現時点では、情報拡散等の二次被害は確認していない。

 

2 経緯

 平成29年1月20日(金)

   16時51分 就学支援金に係る生徒の内容確認を各学校に依頼するため

         ファイルを送信(ファイルはパスワードで保護)

   17時08分 各学校へパスワードの一括送信(本メールは16時51分の

         メールをコピーして修正の上、作成)

   17時16分  送付した学校から17時08分のメールについて、私立高等

         学校1校のデータが添付されている旨、電話にて連絡

   17時18分 各学校へメールにてデータ削除の依頼

   17時40分 各学校へ電話にてメールの削除を依頼

 

 3 誤送信したファイルの内容

 私立高等学校1校の高等学校等就学支援金に係るデータファイル

 内容:高等学校等就学支援金受給生徒に係る情報

    生徒氏名、生年月日、支給額、等

 該当生徒数:2,727人

 

4 送信先

 高等学校等就学支援金受給校(私立学校) 25校

 

5 メール削除の状況(平成29年1月23日 13時時点)

 全ての学校で削除済み

 

6 原因

 メールを送信する際、内容等を十分に確認せず添付データを削除せず送信したこと 

 

7 再発防止策

 就学支援金に係る業務の見直し・確認を行い、個人情報が含まれるデータについては、学校の利便性等に配慮しながら、紙媒体を基本とし、業務上やむを得ない場合のみメールを活用することとする。

 メールの送信に際しては内容等を十分確認するなどチェック体制の徹底を図る。

 個人情報の取り扱いについてはその重要性に鑑み、改めて職員への意識を高め厳重に取り扱うよう指導を徹底する。

 

8 情報漏洩した生徒等への対応

 情報漏洩した私立高等学校1校の生徒並びに家族に対して文書により謝罪及び説明を行う予定

 

お問い合わせ

文書学事課 私学宗教法人担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館2階

電話番号:028-623-2056

ファックス番号:028-623-2074

Email:bunsyo-gakuji@pref.tochigi.lg.jp

広告