ホーム > くらし・環境 > 税金 > 県税 > 県税のホームページ > 自動車税(種別割)のグリーン化特例

ここから本文です。

更新日:2019年9月24日

自動車税(種別割)のグリーン化特例

排出ガス性能及び燃費性能の優れた自動車は初回新規登録の翌年度1年に限り税率が軽減され、初回新規登録から一定年数を経過した自動車は税率が重くなります。

税率が軽減される自動車

令和元(2019)年度に初回新規登録された自動車(令和2(2020)年度の自動車税が軽減される自動車)

対象

軽減率

電気自動車(燃料電池車を含む)、プラグインハイブリッド自動車

おおむね75%軽減

天然ガス自動車(一定の排出ガス基準を満たすもの)
クリーンディーゼル乗用車(一定の排出ガス基準を満たすもの)
「低排出ガス☆☆☆☆」かつ「令和2年度燃費基準+30%以上達成車」
「低排出ガス☆☆☆☆」かつ「令和2年度燃費基準+10%以上達成車」

おおむね50%軽減

 軽減される期間は、初回新規登録の翌年度1年間です。

  • 「令和2年度燃費基準+30%以上達成車」及び「令和2年度燃費基準+10%以上達成車」である場合、車検証の備考欄にその旨が記載されます。
  • 「低排出ガス車☆☆☆☆」:低排出ガスの認定を受けた自動車で、「平成30年排出ガス基準適合かつ同基準からNOx等50%以上低減達成」又は「平成17年排出ガス基準適合かつ同基準からNOx等75%以上低減達成」した自動車です。
  • 具体的な対象車種は、国土交通省自動車交通局のホームページ(外部リンク)をご覧ください。 

  

税率が重くなる自動車

平成31(2019)年4月1日に対象自動車となっているもの

対象

重課率

バス・トラック以外 新車新規登録から13年を超えているガソリン車

おおむね15%重課

新車新規登録から11年を超えているディーゼル車
バス・トラック 新車新規登録から13年を超えているガソリン車

おおむね10%重課

新車新規登録から11年を超えているディーゼル車
  • 令和元(2019)年度に重課される自動車は、平成18(2006)年3月31日以前に新車新規登録されたガソリン車、平成20(2008)年3月31日以前に新車新規登録されたディーゼル車です。
  • 低公害車(電気自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ガソリンハイブリッド自動車)、一般乗合用バス、被けん引車は、重課の対象から除かれます。

 

自動車税(種別割) へ戻る

お問い合わせ

税務課 課税・収税担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館10階

電話番号:028-623-2108

ファックス番号:028-623-3454

Email:zeimu@pref.tochigi.lg.jp

広告