ホーム > くらし・環境 > 税金 > ふるさと納税 > 寄附金の使い道(応援メニュー)

ここから本文です。

更新日:2016年12月21日

寄附金の使い道(応援メニュー)

いただいた寄附金については、寄附していただいた方の選択に従い、次のメニューの分野の取組に活用させていただきます。寄附のお申込みの際に、希望する使い道をお選びください(メニューAとメニューBの両方を選択することも可能です)。

メニューA 使い道を指定する

次の分野の取組に活用します(複数選択も可)。いただいた寄附金は、それぞれの分野の基金に充当します。

メニューB 使い道を指定しない

ふるさと“とちぎ”づくりのために幅広く活用します(具体的な使い道は知事におまかせ)。

栃木県では、「人も地域も真に輝く 魅力あふれる元気な“とちぎ”」を実現していくため、栃木県重点戦略「とちぎ元気発信プラン」に基づいて、次の5つの重点戦略を掲げ様々な取組を進めています。

「とちぎ元気発信プラン」5つの重点戦略

重点戦略1 次代を拓く人づくり戦略
(主な施策:豊かな心と健やかな体の育成、子どもを守りはぐくむ体制づくり、スポーツを通じた人づくりなど)

重点戦略2 強みを生かす成長戦略
 (主な施策:フードバレーとちぎの推進、就労支援の充実強化、魅力と活気ある観光地づくりなど)

重点戦略3 暮らし安心健康戦略
 (主な施策:安心の地域医療提供体制の整備推進、障害者が安心して暮らせる環境づくりの推進、犯罪を発生させない安全な地域づくりなど)

重点戦略4 快適実感安全戦略
(主な施策:災害から県民を守る強靱な地域づくり、公共交通の維持・確保、環境にやさしい低炭素社会の構築など)

重点戦略5 誇れる地域づくり戦略
 (主な施策:住みたい住み続けたい地域づくり、伝統文化等を通じた世代間・地域間交流の促進、発信力の強化ととちぎのブランド力の向上など)

元気発信タイトル

    これまでメニューBにいただいた寄附金は次のとおり活用させていただきました

  • 平成20年度にいただいた寄附金は、平成21年度の県政重点テーマである「 ブランドに着目した誇り輝く“とちぎ”づくり 」の事業に活用させていただきました。
  • 平成21年度にいただいた寄附金は、平成22年度の県政重点施策である「県民協働のとちぎづくり」の事業に活用させていただきました。
  • 平成22年度にいただいた寄附金は、新とちぎ元気プランの重点戦略である「地域コミュニティ再生プロジェクト」の事業に活用させていただきました。
  • 平成23年度にいただいた寄附金は、新とちぎ元気プランの重点戦略である「人をはぐくむ ~大人世代~ 」の事業に活用させていただきました。
  • 平成24年度にいただいた寄附金は、新とちぎ元気プランの重点戦略である「人をはぐくむ ~子ども世代、若者世代~ 」の事業に活用させていただきました。
  • 平成25年度にいただいた寄附金は、新とちぎ元気プランの重点戦略である「パワーアップとちぎプロジェクト」の事業に活用させていただきます。
  • 平成26年度にいただいた寄附金は、新とちぎ元気プランの重点戦略である「フードバレーとちぎプロジェクト」の事業に活用させていただきます。
  • 平成27年度にいただいた寄附金は、とちぎ元気発信プランの重点戦略である『未来を創る「とちぎ人」育成プロジェクト』の事業に活用させていただきます。

   寄附の活用状況の紹介

   寄附をいただいた方々に、寄附の活用状況などをお知らせするため、「ふるさと“とちぎ”応援だより」を作成しました。

 

ふるさと“とちぎ”応援寄附金

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

税務課 企画担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館10階

電話番号:028-623-2101

ファックス番号:028-623-3454

Email:zeimu@pref.tochigi.lg.jp