ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 経営管理部 > 情報システム課 > 栃木県ソーシャルメディア利用ガイドラインの策定について

ここから本文です。

更新日:2013年6月13日

栃木県ソーシャルメディア利用ガイドラインの策定について

 

ブログやツイッターなどのソーシャルメディアは情報の発信や共有に活用できるメディアとして近年利用者が急増しています。

しかし、ソーシャルメディアで発信される情報は、匿名性や一方的な情報発信が可能な背景から、必ずしも正確性が保証されていないため、社会に対して大きな影響を及ぼす可能性もあります。

したがって、ソーシャルメディアを利用するためには、利用者自身がその特性やリスクを十分理解する必要があります。

このガイドラインは、職員が職務上ソーシャルメディアを利用する場合の留意事項等をまとめ、有効に活用できることを目的として策定したものです。

 

 

1ソーシャルメディアの定義

インターネット上で展開されるサービスで双方向の情報のやり取りができることを特徴とする情報伝達媒体です。

 

 

2ソーシャルメディアの特性

サービスを利用するためには、サービスを運営する者からアカウントを取得する必要があり、取得したアカウントがインターネット上に明示されます。

アカウント:サービスの利用を申請した結果、そのサービス運営者から付与される呼称

 

 

3ソーシャルメディアを利用するに当たっての基本原則

(1)情報を発信する場合は、所属の責任において発信すること。

(2)地方公務員法をはじめとする関係法令及び職員の服務や情報の取扱いに関する規程等を遵守すること。

(3)個人情報、著作権、肖像権等に関して十分留意すること。

(4)所属で運用しているホームページにソーシャルメディアを利用する上での目的・考え方等を記載した運用方針を掲載すること。

(5)利用するソーシャルメディアのアカウントプロフィールに所属名を明示し、ホームページに掲載した運用方針にリンク設定すること。

 

 

4ソーシャルメディア利用上の一般的なメリット、デメリット

(1)メリット

迅速な情報発信が可能です。

ホームページ等への誘導など、所属で運用する他の情報媒体と連携した情報発信が可能です。

発信した情報に対する反応を確かめることができます。

災害時等緊急を要するとき、情報伝達・収集の手段として活用できる可能性があります。

(2)デメリット

発信した情報の完全な削除が難しいため、間違った情報を発信した場合、情報の訂正が困難になることがあります。

発信した情報が相手に誤解を与えた場合、トラブルに発展する危険性があります。

複雑な情報の発信には向かないことがあります。

 

 

5ソーシャルメディアを利用する場合の留意点

(1)明確な目的の設定

何をするために利用するのか目的をはっきりさせます。

情報を誰に伝えたいのか明確なターゲットを設定します。

情報発信のみとするのか、一定のコミュニティ(質問や提案を受け付け、積極的に意見交換をする場)を形成することを目的にするのか運用方法を明確にします。

(2)発信する情報の取扱

情報を発信する担当者(原稿の書き手)を明確にします。

発信する情報(書き手の書いた原稿)の承認方法を決めます。

質問や提案等に対する返信が必要な場合、返信の体制を事前に決めておきます。

(3)他の広報媒体との調整

各種広報媒体(紙媒体・県ホームページ等)で発信している情報との整合性(配布時期、公表時間等)、バランス(情報量、配信頻度等)に配慮し、効果的な組み合わせを検討します。

 

 

6トラブルへの対策

(1)成りすまし(県の運用に見せかけた他者の活動)防止のためには

利用するソーシャルメディアのアカウントのページ上に運用主体を明記します。

利用するソーシャルメディアにおいて公的機関のアカウントであることを証明できるサービスがある場合には、そのサービスの利用手続を行います。

成りすましを発見したら、利用しているソーシャルメディア運営機関に投稿の削除を依頼し、所属で運用するホームページ等でも注意喚起をします。

 

(2)情報を発信するときには

県のアカウントで他者の投稿を引用した場合、情報の正確性が増すような印象を与えますので十分注意します。

正確な情報の発信に努めますが、誤った情報を発信してしまった場合は、その経緯を説明するとともに、訂正した情報を迅速に発信します。

発信した情報に対して苦情が寄せられたときは、個人で判断せず、所属内で協議決定の上、迅速、丁寧に対応します。

 

(3)投稿を受け付けるときには

対応に時間を要する場合にはその旨を説明します。無視されているなど不要の誤解を招かないようにします。

批判的な投稿が殺到してしまったときは、反論や抗弁は控え、冷静に対応します。

 

栃木県ソーシャルメディア利用ガイドライン(PDF:11KB)

 

栃木県のソーシャルメディア等公式アカウント

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

情報システム課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-2220

ファックス番号:028-623-2221

Email:joho@pref.tochigi.lg.jp