ここから本文です。

更新日:2020年2月18日

beyond2020プログラム「那須塩原市」

「beyond2020プログラム」に認証しました 〔 認証組織:栃木県 〕  

 那須塩原市

000012 那須塩原市スポーツ交流大会(東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会事前キャンプ地誘致推進本部)
  市民・児童・生徒が、オリンピック・パラリンピックの果たす役割を正しく理解し、国際理解を深める。また、真田
 卓選手(那須塩原市出身)による車いすテニス体験を通じて、障害者スポーツの知識や認知を高める。スロープ等のバリ
 アフリー施設に加え、障害者用駐車場や車いす観覧席を設け、「障害」に対する理解を深める。
 「なすしおばらファンクラブ」PRブースを設置し、市独自のシティセールスをPRする。
   2017.12.16(土) にしなすの運動公園  実績報告(PDF:186KB)

000069 子ども郷土芸能発表会(那須塩原市郷土芸能保存会連絡協議会)
  那須塩原市で郷土芸能活動をしている、子どもたちを主体とした団体を募集し、郷土芸能を保存・推進するため本事業を 
 開催する。子ども郷土芸能発表会をとおして参加者との交流を深めるとともに、団体相互の親睦を図ることを目的とし、第
 5回を迎える。子どもたちの発表を機会を設け、後世へ郷土芸能の魅力を引き継ぐと共に日本の伝統文化である郷土芸能を
 市内外に発信する。会場の「三島ホール」では、障害者優先席を設け、障害者へのバリアを取り除いた上で、事業を実施す
 る。
   2019.2.17(火) 那須塩原市三島ホール 実績報告(PDF:199KB)

000084 旧青木家那須別邸にて~ART369×もうひとつの美術館(仮題)(那須塩原市)
  国指定重要文化財であり、日本遺産の構成文化財である「旧青木家那須別邸」において、障害のあるアーティストを主体 
 としたアート展を実施する。市民等に対し多様なアートに触れる機会を提供するとともに、アート展の実施を市内外へ広報
 することで、本市のアートを活かしたまちづくり「ART369プロジェクト」の認知度の向上を図る。
 「旧青木家那須別邸」の入口には、スロープが設けられている。また、駐車場である「道の駅明治の森・黒磯」は、身体障
 害者用の駐車場がある。
   2019.2.26(火)~3.3(日) 旧青木家那須別邸

000092 日本遺産認定記念講演会(那須野が原開拓日本遺産活用推進協議会)
  平成30年度認定となった日本遺産「明治貴族が描いた未来~那須野が原開拓浪漫譚~」について、華族農場の専門家によ 
 る講演会を実施することで、那須野が原が歴史的価値の高い地域であるという認識につなげる。また文化財の活用につい
 て、観光の専門家などによるパネルディスカッションを実施し、地域の魅力向上を図るとともに、全国に向けた情報発信を
 行う。施設にはスロープ、車いす用の駐車場があるほか、講演会場は段差がない作りとなっている。
   2019.3.2(土) 乃木温泉ホテル  実績報告(PDF:262KB) 

000123 那須野の大地
 那須野が原の開拓の歴史を基にした創作劇「那須野の大地」は、旧西那須野町開拓120周年記念事業として始まり、今年で20回を迎えます。
 那須野が原の歴史は、平成30年度に日本遺産に認定されており、本公演は県内外への郷土理解の促進を促す事業となっております。
 平成12年の初演後、舞台に携わった出演者たちが市民劇団を立ち上げ、途切れることなく定期公演を続けています。
 毎年演出を変えていますので、どのような方でも楽しめます。ぜひご覧ください。
   (会場の三島ホールでは、障害者優先席を設け、障害者へのバリアを取り除いた上で、事業を実施)
   2019.9.15(日) 那須塩原市三島ホール 

000135 子ども郷土芸能発表会
 那須塩原市で郷土芸能活動をしている、子どもたちを主体とした団体を募集し、郷土芸能を保存・推進するため本事業を開催する。子ども郷土芸能発表会をとおして参加者との交流を深めるとともに、団体相互の親睦を図ることを目的とした事業。平成26年度から続いているもので今年度、第6回を迎える。子どもたちの発表を機会を設け、後世へ郷土芸能の魅力を引き継ぐと共に日本の伝統文化である郷土芸能を市内外に発信する。会場の「三島ホール」では、障害者優先席を設け、障害者へのバリアを取り除いた上で、事業を実施する。
   2020.1.19(日) 那須塩原市三島ホール  実績報告(PDF:101KB)

000151 明治の情景 ~未来へつなぐ“とちぎの記憶”~
 「とちぎ版文化プログラム」のリーディングプロジェクトとして、令和元年度の統一テーマ「情景」にちなみ、時代の変遷を体感しながら明治時代に先人が築いた文化遺産を再認識し、レガシーの継承及びとちぎ版文化プログラムの普及啓発を図るため、日本遺産に認定された那須野が原地域の代表的な歴史的建築物である旧青木家那須別邸においてイベントを実施する。なお、駐車場には障がい者専用スペースを確保する。
   2019.11.16(土)旧青木家那須別邸(明治の森・黒磯) 実績報告(PDF:168KB)

000152 ART369プロジェクト「美力街道ー未知の駅」
 「旧青木家那須別邸」において、本市出身の彫刻家である三木俊治氏のコーディネートによる美術展を実施する。出展作家は、那須野が原博物館が収蔵する現代美術作品群「三木コレクション」に縁のある作家とし、同コレクションも活用した展覧会とする。美術展会期中に、ライブ彫刻パフォーマンスを開催し誘客促進を図るとともに、ART369のアート資源等を巡る周遊ツアーを開催し、観光資源としての魅力も発信する。
また、当実行委員会において、同時期に開催する映画祭開催日においては、シャトルバスを運行し、会場間を結ぶ交通手段確保することで、気軽に多様な文化「アート」「文化財」「映画」に触れる機会の創出を図る。
 「旧青木家那須別邸」の入口には、スロープが設けられている。また、駐車場である「道の駅明治の森・黒磯」は、身体障害者用の駐車場がある。
   2019.11.16(土)~2020.1.19(日) 旧青木家那須別邸

市町一覧へ

上へ

「beyond2020プログラム」認証事業 〔内閣官房オリパラ事務局のHPから〕

  ◇ 認証状況はこちら(上記事業を除く。)

    http://www.pref.tochigi.lg.jp/c01/bunka/bunka_program/beyond2020program-jigyo2017op.html

  ◇ 内閣官房オリパラ事務局のホームページ

    http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/beyond2020/

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民文化課 文化振興担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2153

ファックス番号:028-623-2121

Email:beyond2020@pref.tochigi.lg.jp