ホーム > 教育・文化 > 文化・伝統 > 文化・芸術 > 栃木県芸術祭のご案内

ここから本文です。

更新日:2020年3月31日

栃木県芸術祭のご案内

   毎年、県内の多くの方に御参加いただいている『栃木県芸術祭』(主催:栃木県文化協会、栃木県)について、令和2年度も以下の部門で開催いたしますので、奮ってご参加ください。

・文芸部門(創作、随筆、詩、短歌、俳句、川柳)

・美術部門(日本画、洋画、彫刻、工芸、書道、写真)

・ホール部門(邦楽、吟詠剣詩舞、謡曲、音楽、演劇、バレエ、日本舞踊、民謡・民舞)

・茶華道部門(茶道、華道)

令和2年度  第74回栃木県芸術祭

募集について

各部門の募集については、随時こちらに掲載します。

○文芸部門・美術部門

○ホール部門(音楽、演劇、民謡民舞)

・民謡民舞

・音楽

・演劇

審査結果・開催日程等

○文芸部門
※審査終了後、結果はこちらに掲載します。

○美術部門
※審査終了後、結果はこちらに掲載します。

 <美術展>
 審査の結果、入選した作品の展覧会を行います。

 会期:
(1)洋画・彫刻・工芸
 日時:10月3日(土曜日)~10月15日(木曜日)
 会場:県立美術館(宇都宮市桜4-2-7)
 入館料:一般260円 ※美術館コレクション展も観覧可
 開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)※月曜日休館

(2)日本画・書道・写真
 日時:10月31日(土曜日)~11月10日(火曜日)
 会場:県総合文化センター(宇都宮市本町1-8)
 入館料:無料
 開館時間:9時30分~17時

○ホール部門

審査分野(吟詠剣詩舞、音楽、民謡・民舞)の審査結果については、文化協会ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

  開催日時(予定) 場所
吟詠剣詩舞 9月27日(日曜日)10時~ 県総合文化センター(メインホール)
邦楽 10月18日(日曜日)11時~ 県総合文化センター(メインホール)
音楽 11月3日(火曜日)10時~ 県教育会館(大ホール)
演劇 11月8日(日曜日)13時~ 県総合文化センター(サブホール)
謡曲 11月15日(日曜日)10時~ 県総合文化センター(サブホール)
バレエ 11月15日(日曜日)13時~ 県総合文化センター(メインホール)
日本舞踊 11月22日(日曜日)11時~ 県総合文化センター(メインホール)
民謡・民舞 11月23日(月曜日)10時~ 栃木市都賀文化会館(ハートホール)

 

○茶華道部門(茶華道展)

<茶会>
会期:(茶席)10月4日(日曜日)10時~15時
        (呈茶)10月3日(土曜日)4日(日曜日)10時~15時30分
会場:さくら市喜連川公民館・笹屋別邸
茶券:未定

<華展>
会期:10月3日(土曜日)10時~17時、4日(日曜日)10時~15時30分
会場:さくら市喜連川公民館

表彰式

各部門において、「文芸賞」「芸術祭賞」をはじめとする各賞受賞者の表彰及び感謝状の贈呈をします。

開催日時:12月11日(金曜日)11時~11時45分
開催場所:栃木県公館

栃木県芸術祭とは

概要

   毎年7月~11月に、4部門22分野にわたって、文化芸術作品等の募集やホール公演等を開催します。
また、優秀な成績を収めた方を顕彰する場として、表彰式を実施します。

目的

   芸術祭は、芸術愛好者の方にとって、貴重な発表の場、交流の場、顕彰の場で、県民のみなさんが主体的に文化活動に取り組むことを促進するとともに、芸術祭を鑑賞し、芸術に身近に触れることにより、芸術愛好者のすそ野を広げる機会の提供することを目的として開催しております。

歴史

   栃木県芸術祭は、戦後まもない昭和22年、「多彩な芸術文化を通して、県民に明るく朗らかでうるおいのある生活をもたらしたい」との願いから始まりました。
   東京、大阪に次いで全国で3番目に古い歴史を持つ、伝統ある文化行事であるとともに、毎年約20,000人が参加する県内最大規模の文化の祭典です。

主催

   栃木県文化協会、栃木県

お問い合わせ

県民文化課 文化振興担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2153

ファックス番号:028-623-2121

Email:bunkashinko@pref.tochigi.lg.jp

広告