重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 報道発表 > 栃木県立美術館企画展「岩田色ガラスの世界」を開催します

2021年4月8日発表

ここから本文です。

栃木県立美術館企画展「岩田色ガラスの世界」を開催します

  栃木県立美術館で、企画展「岩田色ガラスの世界」を開催します。

企画展概要 

町田市立博物館所蔵

 「岩田色ガラスの世界~岩田 藤七・久利・糸子」 

 

昭和初期、ガラスといえば食器や板ガラスなどの実用品や、硬質な切子ガラスなどの生産が一般的でしたが、岩田 藤七は、宙吹き技法による熔けたガラス特有のやわらかな造形に豊かな色彩をまとまった作品を発表し、日本のガラス工芸を芸術の域にまで高めました。さらに、長男の久利は、色と光が織り成す華麗な芸術作品へと発展させ、久利の妻の糸子は、藤七が興した岩田工芸硝子株式会社を受け継ぎ、自らも作品を制作しました。

この企画展では、町田市立博物館のコレクションから、近代日本の硝子工芸史の礎を築いた岩田 藤七・久利・糸子の作品約100点を御紹介します。

開催日程等

1  会期:令和3(2021)年4月17日(土曜日)~同年6月27日(日曜日)

2  開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

3  休館日:月曜日(5月3日は開館)、5月6日(木曜日)

  ※御来館の際は、感染防止対策に御協力ください。

    ・発熱や風邪の症状がある方は来館を控える。

    ・マスクを着用する。

    ・人と人との距離はできるだけ2m空ける。

    ・手指消毒や手洗いを徹底する。

企画展観覧料

一般

大学生・高校生

中学生以下

900円(800円)

600円(500円)

無料

(    )内は、20名以上の団体料金又はM割の料金です。

・当館の入場券の半券を持ってミュージアム割引(愛称M割)参加館に行くと、料金割引を受けられます。(ただし、6ヶ月以内に購入した入館券のみ有効です。)

障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳)をお持ちの方は観覧料が無料となります。

無料日: 6月12日(土曜日)、13日(日曜日)、15日(火曜日・県民の日)

関連企画

※各イベントの詳細は、企画展チラシを御覧ください。

※各イベントとも当日の企画展観覧券が必要です。

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため予定を変更する場合があります。詳細についてはお問い合わせください。 

 

 

1  講演会「日本のガラス工芸史における 岩田藤七、久利、糸子」

 講師:齊籐 晴子氏(町田市立博物館学芸員)

 日時:5月23日(日曜日) 午後2時~3時30分

 会場:県立美術館集会室

 定員:60名 ※往復はがきによる事前申込みが必要

2  担当学芸員によるギャラリートーク 

 講師:担当学芸員

 日時:4月17日(土曜日) 午後3時30分~

 5月16日(日曜日)、6月6日(日曜日)各回とも午後2時~(1時間程度)

 会場:企画展示室 ※事前申込み不要

3  ワークショップ「銀とガラスで作るアクセサリー」

 講師:鈴木 武雄氏(造形作家)

 日時:5月30日(日曜日) 午後1時~4時

 会場:県立美術館集会室

 対象:高校生以上

 定員:16名 ※電話(028-621-3566)による事前申込みが必要【先着順】

 費用:2,100円(材料費・保険代)

 

コレクション展

  コレクション展1.「いろいろ、ポートレイト」を開催します。

  肖像画の見方や役割を示しながら、様々な顔の表現から人の表情の豊かさを紹介します。

  会期:令和3(2021)年4月17日(土曜日)~同年6月27日(日曜日)

 

お問い合わせ

県民文化課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2153

ファックス番号:028-623-2121

Email:bunka@pref.tochigi.lg.jp

とちぎを知る、学ぶ。TOCHIGI Information

バナー広告