ここから本文です。

更新日:2017年12月4日

「とちぎ協働推進大会2017」を開催しました

チラシ

人口減少・超高齢社会の到来など、地域社会が急速に変化する中、複雑で多様な地域の課題に対応していくためには、行政のみならず、県民、NPO、企業、団体など、多様な主体がとちぎづくりに参画し、知恵と力を結集しながら、協働の取組を展開していくことが重要です。

県では、社会貢献活動団体、企業、行政等、多様な主体が実践した協働による取組の成果を共有するとともに、参加者の交流を通して、更なる協働の取組の拡大を促進するため、「地域をともに支え次代を創る~協働で創るとちぎの共助社会~」をテーマにとちぎ協働推進大会を開催しました。

多くの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。                      

会場配布資料(プログラム)(PDF:6,583KB)           

概要 

主催

栃木県、とちぎボランティアNPOセンター(ぽ・ぽ・ら)

開催日時

平成29年10月30日(月曜日)13時から17時10分まで

場所

栃木県庁東館4階講堂ほか(宇都宮市塙田1-1-20) 

内容

1 開会あいさつ(13時)

知事

 

2 輝く“とちぎ”づくり表彰 表彰式(13時5分から13時20分まで)

最優秀賞(1取組2団体)

 取組名:発達障害や軽度知的障害のある方の運転免許取得支援

  受賞団体:特定非営利活動法人CCV

  受賞団体:株式会社鹿沼自動車教習所

優秀賞(2取組5団体)

 取組名:イルミネーションを中心とした子どもたちの健全育成及び地域活性化

  受賞団体:下野市ウインター活性化推進協議会

  受賞団体:一般財団法人グリムの里いしばし

 取組名:図書館プロジェクト

  受賞団体:特定非営利活動法人手仕事工房そら

  受賞団体:栃木県立真岡女子高等学校

  受賞団体:真岡市立図書館

表彰式 受賞者一覧 

 

3 基調講演(13時20分から14時50分まで)

  • テーマ みんなが主役のまちづくり~住民自治のまちづくり~
  • 講師  広島県安芸高田市 川根振興協議会 会長 辻駒健二氏

基調講演では、地域の発展と活性化を図り、民主的な明るい地域づくりを目的に活動する川根振興協議会の取り組みについて、多くの事例や経験談をお話いただきました。

基調講演いち  基調講演に

 

4 テーマ別分科会(15時から16時30分まで)

 第1分科会『企業と社会の新たな協働』(コーディネーター 白鴎大学教授 児玉博昭氏)

内容

ダイバーシティ経営の実践「世の中に必要でない人は絶対にいない!」

きずなボックス(食品寄贈箱)設置事業「きずなボックスが創る助け合いの輪」

うつのみやソーシャルビジネス連絡会議「継続、発展するソーシャルビジネスの支援」

発表者

(有)真京精機 武田浩之氏

 認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク 並木孝夫氏

日本政策金融公庫宇都宮支店 山下恵庸(よしのぶ)氏

 

講師1 第一分科会1  

 

 

 第2分科会『未来を担う人を育む協働』(コーディネーター 一般社団法人とちぎ市民協働研究会 代表理事 廣瀬隆人氏)

内容

現代版烏山線鉄道唱歌と地域資源回遊マップの制作

「地域活性化のために、高校生ができることを」

第2回まちづくりはあなたが主役

「地域仕掛け人~若者がまちをプロデュース」        

「真に豊かな益子」の実現を目指した町づくり

「悠々楽々、まちづくりに参加しませんか」                           

発表者

栃木県立烏山高等学校まちづくり研究会 栃木県地域協働推進員 片柳由香氏 栃木県地域協働推進員 日渡守氏

 

講師2 第2分科会1 

   

 第3分科会『輝く”とちぎ”をつくる協働』(コーディネーター 帝京大学教授 内貴(ないき)滋氏)

内容

発達障害や軽度知的障害のある方の運転免許取得支援「運転免許取得支援 つばさプラン」

イルミネーションを中心とした子どもたちの健全育成及び地域活性化「グリムの森イルミネーション」

図書館プロジェクト「障害ってなんだろう 差別のない社会をつくろう」

発表者

(株)鹿沼自動車教習所 竹澤愛美氏 下野市ウインター活性化推進協議会 石田節男氏 NPO法人手仕事工房そら そらまめ食堂 成田雪子氏 他

 

講師3 第3分科会

 

5 全体会(16時45分から17時10分まで)

  • テーマ 地域をともに支え次代を創る~協働で創るとちぎの共助社会~
  • 講師  とちぎボランティアNPOセンター(ぽぽら)所長 三橋伸夫氏

全体会では、3つの分科会コーディネーターから分科会での発表内容について報告がありました。更に、「これからは課題解決だけではなく、新たな課題を生まないための協働、新たな価値を創造するための協働が必要である」と三橋氏が締めくくりました。

 

全体会1 

 

6 パネル展示(12時30分から17時30分まで)

  • 展示団体 

  ・NPO法人CCV、(株)鹿沼自動車教習所

  ・下野市ウインター活性化推進協議会、(一財)グリムの里いしばし

  ・NPO法人手仕事工房そら そらまめ食堂、栃木県立真岡女子高等学校、真岡市立図書館

  ・NPO子育て女性支援団体ばおばぶ

  ・日本政策金融公庫宇都宮支店

  ・とちぎ協働デザインリーグ

新聞掲載

平成29年11月25日(土曜日)の下野新聞に採録を掲載しました。

とちぎ協働推進大会2017採録(PDF:2,426KB)

 

協賛

板通 宇都宮機器  トヨタウッドユーホームロゴ
日本伝統文化継承 ヘイコーパック 明光義塾ロゴ 下野新聞ロゴ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民文化課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-3422

ファックス番号:028-623-2121

Email:kyodo@pref.tochigi.lg.jp