ホーム > 教育・文化 > 文化・伝統 > 文化・芸術 > とちぎ子どもの未来創造大学「とちぎ版文化プログラム特別講座」歴史を感じて草履を編もう!「日光下駄」を開催しました。

ここから本文です。

更新日:2019年9月11日

とちぎ子どもの未来創造大学「とちぎ版文化プログラム特別講座」歴史を感じて草履を編もう!「日光下駄」を開催しました。

【実施内容】
 日光の伝統工芸品である「日光下駄」と、江戸時代末期の農家住宅を再現した「ふるさとの家」の歴史や特徴について、先生のお話を通じて学んだ後、竹皮を使って日光下駄の草履編みを体験しました。江戸時代から受け継がれてきた伝統を感じながら、自分だけの履物を作り上げることができました。

講師:「日光下駄」伝統工芸士 山本 政史 さん

実施場所:日光木彫りの里 ふるさとの家

参加者数:お子様(小学校4年~中学校3年生)15名、保護者(見学)15名(計30名)
 日光下駄1

 先生のお話

日光下駄2

  草履編み体験の様子(1)

日光下駄3

  草履編み体験の様子(2)

日光下駄4

  草履編み体験の様子(3)

日光下駄5

  草履編み体験の様子(4)

お問い合わせ

県民文化課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2153

ファックス番号:028-623-2121

Email:bunka@pref.tochigi.lg.jp

広告