ホーム > くらし・環境 > 防犯・交通安全 > 交通安全 > 交通安全 インフォメーション > 高齢者を主な対象とした交通安全教室

ここから本文です。

更新日:2018年8月15日

高齢者を主な対象とした交通安全教室

栃木県では高齢者(65歳以上)を主な対象とした参加・体験・実践型の交通安全教室を各地で開催しています。
平成29年は、栃木県内の交通事故死者(95人)の内、6割以上(65人)が高齢者でした。
悲しい事故を1件でも減らすため、高齢者の講習会などにぜひ御活用ください。

ドライブレコーダーを使用した安全運転教室

お申込みいただいた高齢者団体の中から、5~10名の方が普段に使用している車に県のドライブレコーダーを取り付け、1週間程度、運転していただきます。その後(2~3週間後)、記録された映像を見ながら安全運転のポイントを確認してもらう交通安全教室です。

チラシ(PDF:410KB)

 しあわせ高齢ドライバースクール

茂木町に所在するレーシングコース「ツインリンクもてぎ」内の「アクティブセーフティトレーニングパーク」において、実際にコース内を運転していただきます。車両に取付けられたカメラの映像などを見ながら、運転のプロであるインストラクターの指導が受けられる交通安全教室です。
受講者は年間100名を募集しています。

チラシ(PDF:627KB)

自転車シミュレーターを使用した交通安全教室

栃木県は、県内の主に小学校を対象に自転車シミュレーターを使った交通安全教室を実施していますが、高齢者向けにも開催しております。運転免許が不要で身近な乗り物であるからこそ、忘れがちなルールや危険性を再確認し、交通事故防止にお役立てください。

チラシ(PDF:262KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし安全安心課 生活・交通安全担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2154

ファックス番号:028-623-2182

Email:kurashi@pref.tochigi.lg.jp