ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 催し案内・お知らせ(県政インフォメーション) > 注意 > たとえ桐花紋が入っていても架空請求ハガキは無視してください!

ここから本文です。

更新日:2019年3月5日

たとえ桐花紋が入っていても架空請求ハガキは無視してください!

 「『地方裁判所管理局』と名乗る機関からハガキが届いた。ハガキには、『特定消費料金未納に関する訴訟最終告知のお知らせ』と書かれ、桐花紋が印刷されていた。事前連絡なくハガキで裁判所から通知が来るのはおかしいと思い家族に相談したところ、架空請求ではないかと言われた。架空請求かどうか確認したい」という相談が消費生活センターに寄せられています。

 ハガキには、日本国政府において広く使われてきている桐花紋のような紋章が印刷されている他、「貴方の利用されていた契約会社、ないし運営会社から契約不履行による民事訴訟として、訴状が提出されました事を御通知致します」「裁判取り下げ最終期日を経て訴訟を開始させて頂きます」と記載されており、「裁判取り下げ等のご相談」に関しては、固定電話の問い合わせ先に連絡するように誘導しています。

 また、連絡がない場合は、「原告側の主張が全面的に受理され執行官立会いの元、給料差押え及び動産、不動産物の差押えを強制的に履行させて頂きますので裁判所執行官による執行証書の交付を承諾して頂く様お願い致します」などと脅して不安にさせる文言も記載されています。

 「地方裁判所」と名乗っていますが、裁判所とは一切関係ありません。裁判所の名称を不正に使用しています。また、桐花紋のような紋章が印刷されていますが、公的機関からの請求ではありません。

 「書面での通達となりますのでプライバシー保護の為、ご本人様からご連絡いただきますようお願い申し上げます」と記載されており、本人から連絡するように強調しています。しかし、正式な裁判手続では、訴状は、「特別送達」と記載された、裁判所の名前入りの封書で郵便職員が直接手渡すことが原則となっており、ハガキで郵便受けに投げ込まれることはありません。

 ハガキが届いても絶対に連絡を取らないようにしてください。

※裁判所からの本当の通知かどうか見分ける方法については法務省のホームページで紹介されています。

 督促手続・少額訴訟Q&A(外部サイトへリンク)

 

※架空請求のハガキや封書(書面)に記載されている機関の名称は、裁判所や法務省の名称を不正に使用したり、消費生活センターや国民生活センターを装ったりするなど様々です。連絡すると消費者にお金を支払わせようとしたり消費者から個人情報を得ようとしたりしますので、このようなハガキや封書(書面)は無視してください。

 

 少しでも不安を感じたら、居住地の消費生活センターもしくは県消費生活センター、警察の相談窓口にご相談ください。

 ◆消費者ホットライン(最寄りの消費生活センター等につながります。)

 電話番号 188(いやや!)

◆警察相談専用電話

 電話番号 #9110

◆詳しくは下記消費者庁ウェブサイトをご覧ください。

 独立行政法人国民生活センターウェブサイト(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

くらし安全安心課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-3244

ファックス番号:028-623-2182

Email:seikatsu@pref.tochigi.lg.jp

広告