ここから本文です。

更新日:2020年9月3日

国勢調査を装った不審な電話に注意!

国勢調査では、調査員が電話で直接、個人情報や預金額等を聞くことはありません。公的機関等をかたり、家族構成や資産状況等を聞き出そうとするいわゆる「アポ電」の可能性もあります。このような電話はすぐに切ってください。国勢調査に関する不審な電話があったときは、お早めに消費生活センター(消費者ホットライン 局番なしの「188番」)へご相談ください。

〈相談事例〉

  1. 「国勢調査」と言って電話があり、「一人暮らしか」「いくつ口座があるか」「預金は1千万以上あるか」などと聞かれ答えてしまった。国勢調査は電話でこのような質問をするのか。
  2. 電話があり、国勢調査だと言って個人情報を聞かれた。答えなかったが、答えたほうがよかったのだろうか。

〈皆様へのアドバイス〉

  1. 国勢調査では、調査員が電話等で直接、家族構成や預金額等を聞くことはありません。電話やメールがあっても答えないようにしましょう。
  2. 着信番号通知や留守電の録音機能を活用し、誰からの電話か分かったうえで電話に出るようにしましょう。

 国勢調査を装った不審な電話に注意!【PDF形式】(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし安全安心課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2135

ファックス番号:028-623-2182

Email:seikatsu@pref.tochigi.lg.jp

広告