ここから本文です。

更新日:2011年1月19日

使い捨てライター等の販売が規制されます

ライターによる火災事故が多発していることを受け、消費生活用製品安全法の関係法令が改正されました。

このことにより、使い捨てライターや多目的ライターの販売が規制され、平成23年9月27日以降、技術基準に適合していないライターは販売できなくなります。

 

対象となるライター

ライターのうち燃料の容器と構造上一体となっているもので全部又は一部にプラスチックを用いたもの、いわゆる使い捨てライター多目的ライターが規制対象となります。

lighter01ライター2

規制の概要

  • ライターの製造・輸入業者は、技術基準に適合しているかを検査した上で、第三者機関による検査を受ける必要があります
  • 検査に合格した製品にのみ、そのことを証明するマーク(PSCマーク)を表示することができます
  • PSCマークを表示した製品でないと販売することができません

PSCマーク

技術基準の内容(主なもの)

  • 炎の高さやばらつき、耐熱性などの基準を満たすこと
  • 子どもが容易に着火できないようにした構造(チャイルドレジスタンス機能)であること
  • 子どもの興味を引くような以下の機能がないこと
  • アニメのキャラクターや動物などに形状を似せたもの
  • 光を点滅させたりメロディーを流したりするもの

ノベルティライター

 

規制の開始日

平成23年9月27日

規制の根拠となる政令の施行は平成22年12月27日ですが、9ヶ月間の販売猶予期間が設けられているため、上記の日以降は表示のない製品は販売できなくなります。

  

(参考)消費生活用製品安全法について

特定製品制度

消費者の生命・身体に対し危害を及ぼすおそれが高い製品を「特定製品」として指定し、技術基準に適合したマーク(PSCマーク)が表示されていないと販売できない制度です。

消費生活用製品安全法のページ(経済産業省)(外部サイトへリンク)

その他

子どものライター使用に注意してください

子どもの火遊びによる火災を防ぐには、周囲の大人の注意が不可欠です。子どものいるご家庭は特に注意してください。

子どものライター使用にご注意ください

 

 

お問い合わせ

くらし安全安心課 消費者行政推進室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-3242

ファックス番号:028-623-2182

Email:seikatsu@pref.tochigi.lg.jp