ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 催し案内・お知らせ(県政インフォメーション) > 県政ニュース > 3月11日 「とちぎ防災の日」記念式典を開催しました

ここから本文です。

更新日:2018年3月16日

3月11日 「とちぎ防災の日」記念式典を開催しました

県民の防災・危機管理意識の高揚を図り、災害に強いとちぎづくりを推進することを目的に、県総合文化センターで「とちぎ防災の日」記念式典を開催しました。「とちぎ防災の日」とは、平成26年4月に施行された「災害に強いとちぎづくり条例」で、防災対策の重要性についての理解を深める日として定められたものです。

式典には、福田知事をはじめ小林県議会議長、県や市町などの防災関係者、福島県からの避難者など、およそ500人が出席。福田知事はあいさつで、「特に被害の大きかった東北三県の復興が、一日も早く成し遂げられることを、心から願ってやまない」と述べるとともに、すべての県民が安全に安心して暮らすことのできる地域を目指し「災害に強いとちぎづくり」に全力を尽くすことを誓いました。

その後、政府主催の「東日本大震災七周年追悼式」の中継が行われ、地震が発生した午後2時46分には、参加者全員で黙とうをささげ、犠牲になった方々を悼みました。また、防災・安全功労者に対する知事表彰や気象災害に関する講演なども行われたほか、県庁本館では「とちぎ防災フェア」が開催され、防災に関するパネルや消防車両の展示、非常食の試食などが行われました。


黙とうの様子


防災・安全功労者に対する知事表彰


とちぎ防災フェアでの救助用機材の展示


 

お問い合わせ

危機管理課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館8階

電話番号:028-623-2136

ファックス番号:028-623-2146

Email:kikikanri@pref.tochigi.lg.jp