ホーム > くらし・環境 > 青少年育成 > 健全育成 > 平成31年度とちぎユースチャレンジ応援事業の補助対象事業が決定しました

ここから本文です。

更新日:2019年7月24日

平成31年度とちぎユースチャレンジ応援事業の補助対象事業が決定しました

令和元(2019)年7月6日(土)にとちぎ青少年センターにおいて選考委員会を開催した結果、次の5者から提案された企画が、補助対象事業に決定されました。

 

1 ミライ×キャンパス実行委員会(宇都宮市)

  (1)代表者 山崎 千織

  (2)事業名 「ミライ×キャンパス2019」

  (3)事業の概要

   ・県内、県外で活躍する先輩や同世代をゲストとして招きトークセッションを行い、様々な価値感に触れる機会を提供

    する。

   ・県内、県外で活動する団体を招き、活動内容の体験会を行い、自分の新しい可能性を発見する機会を提供する。

   ・学生生活や自分自身の夢、それぞれの地元等、幅広いテーマで意見交換を行い、世代や所属にとらわれない自由に

    交流できる場を提供する。

2 とちぎ高校生蔵部OBOG会(栃木市)

  (1)代表者 大森 実彩希

  (2)事業名 「GOMIモンGO 街をピカピカ中!」

  (3)事業の概要

        ・専門家の話を聞きながら、ワークショップ形式で清掃活動を行い、ポイ捨てされてしまう周辺環境や人間心理につい  

    て学び、きれいな地域を保全するための手法や改善策を検討する。

    

   ・ゴミをモンスターに例え、ゲーム感覚を取り入れながら清掃活動を行う。

3 足利の魅力を発信し隊(足利市)

  (1)代表者 原 悠樹

  (2)事業名 「足利を盛り上げ隊」 

  (3)事業の概要

   ・足利の魅力を探し、多くの人に様々な方法で発信する。

   ・地域の団体との交流をとおして、情報交換を行いながら新しい足利の魅力を発見する。

   ・「足利の魅力を発信し隊」を周知し、隊員を増やしていくための広報活動を行う。

4 Your Dream ♪(那須塩原市)

  (1)代表者 角田 隼也

  (2)事業名 「地域×若者×ミライ」

  (3)事業の概要

   ・高林地区(那須塩原市)夏祭りの企画会議から参加し、若者の視点を多く取り入れた夏祭りを実施する。

   ・地元の若者と協働で縁日屋台を運営するとともに、異世代間が交流しやすい「射的」や「型抜き」を販売しながら、

    地域における、同世代や異世代の人と人をつなげる夏祭りにする。

   ・掘り起こした若者の力が、来年度以降の夏祭りの継続に生かされるような仕組みや体制づくりを行う。

5 Your Dream Kuroiso(那須塩原市)

    (1)代表者 菊地 奏太

  (2)事業名 「ベンチプロジェクト」   

  (3)事業の概要

   ・那須塩原市旧黒磯地区の既存のベンチ調査を行い、ベンチが生み出す集客、行動範囲等、様々な効果を検証する。

   ・ベンチプロジェクトに賛同する事業者、コミュニティ自治会等を増やし、ベンチプロジェクトのシールを貼ること

    で、ベンチプロジェクトを周知する。

   ・日曜あさいちで、縁日を実施するとともに、周辺にベンチを設置し、参加者同士の交流、とくに多世代交流の場を

    設定する。

今後の取組

1 ブラッシュアップ研修の実施

 ・今後、5団体においては、提案した企画を実行していただきます。

 ・実行に当たり、アドバイザーによる指導・助言等のフォローを得ながら(ブラッシュアップ研修 各団体2回実施)、取組  

  意欲の向上と企画の実現可能性を高め、また、次の活動につながるよう改善点を解明します。

2 活動成果報告会の実施

 ・各団体の活動内容や成果を広く周知する機会として、事業実施団体はもとより、アドバイザーや社会参加活動に関心のあ

  る若者などが一堂に会した活動成果報告会を実施します。

  日時 令和2(2020)年3月1日(日曜日)午後1時30分から

  場所 とちぎ青少年センター(宇都宮市駒生1丁目)

お問い合わせ

人権・青少年男女参画課 青少年育成担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-3075

ファックス番号:028-623-3150

Email:seishonen-danjo@pref.tochigi.lg.jp

広告