ホーム > くらし・環境 > 人権・男女共同参画 > 人権 > 啓発冊子「人権について考える」(平成28年10月改訂)のご案内

ここから本文です。

更新日:2017年3月6日

啓発冊子「人権について考える」(平成28年10月改訂)のご案内

人権について考える(28年10月)表紙   我々が二度の世界大戦から得た教訓は、1948(昭和23)年12月10日に国際連合で採択された「世界人権宣言」に結実しました。そして、人権の尊重が平和の基礎であるという共通認識の下、国際社会による様々な取り組みが為されてきました。

   しかし、「人権の世紀」といわれている21世紀が15年を経過した現在においても、世界の一部地域では、民族や宗教、イデオロギーの対立によりテロや紛争が発生し、経済的な要因とも相まって、貧困、難民や移民の排斥、弱い立場の者からの搾取といった問題となっています。また、情報通信技術の発達と情報インフラの整備は、世界中を結ぶインターネット通信網の利便等と共に、差別や個人への誹謗、中傷、プライバシーの暴露を助長する手段にもなっています。

   翻って、我が国においても、依然として根拠のない思い込みや偏見に基づく差別や人権侵害、また、それらに基づく事件が発生しています。

   このような状況にあって、「人権の世紀」と呼べる社会の実現のためには、私たち一人ひとりが人権感覚・人権意識を身につけ、日常生活の中で気付き、考え、行動していくことが必要なのではないでしょうか。

   本冊子は、様々な人権課題に関して、「今どんなところに問題があるのか」「その解決のためにはどうすべきか」ということに視点をおいて解説しています。I・II ・Ⅲで人権に関する総論、Ⅳ・Ⅴ で各人権課題について個別に記述しています。

   この冊子が、人権に関する学習や研修の一助として、ご活用いただければ幸いです。

contents(目次)

はじめに・・・1 

Ⅰ.人権って何だろう(人間が人間らしく生きる権利)・・・
人権の発展/3  国連の人権への取り組み/5                                                                                                                                                     

Ⅱ.日本国憲法で保障される基本的人権・・・9

Ⅲ.日本の人権状況・・・12
人権侵犯事件の推移/12 栃木県における取組/13                                                                                                                                                                                      

Ⅳ.人権に関する様々な課題・・・17
女性/17 子ども/19 高齢者/21 障害者/23 同和問題/26 外国人/28 HIV感染者・ハンセン病患者及び元患者/30 犯罪被害者とその家族/32 インターネットによる人権侵害/33 災害に伴う人権問題/34 その他の人権問題/35                                                                                                                                     

Ⅴ.21世紀の人権について・・・37
地球環境と人権/37 科学技術と人権/37 企業と人権/38 21世紀を真の「人権の世紀」とするために/39                                                                                 

[参考]関連年表・・・41

 ※印刷冊子の配布も行っております。部数に限りがありますので、事前にご連絡下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

人権・青少年男女参画課 人権施策推進室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-3027

ファックス番号:028-623-3028

Email:jinken@pref.tochigi.lg.jp