ホーム > くらし・環境 > 人権・男女共同参画 > DV対策 > AV出演強要・『JKビジネス』問題

ここから本文です。

更新日:2017年4月12日

AV出演強要・『JKビジネス』問題

 

AV出演強要

 モデルやアイドルなどのスカウトや高収入アルバイトの応募などをきっかけに、アダルトビデオに出演するという認識がないまま契約を締結し、本人の意思に反してアダルトビデオに出演を強要される問題が発生しています。

『JKビジネス』

 児童の性を売り物とする営業の一つで、主としてJK(女子高生)を雇い、表向きには性的サービスを行わない健全な営業を装いながら、「裏オプション」等と称し、性的なサービスを客に提供するものです。

 

  これらには、断ろうとしても、「契約だから仕事を拒否できない」、「高額な違約金が発生する」、「親にばらす」などと脅され、断れない状況にされたり、周囲に相談できない状況にされているという問題があります。

4月は「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」です。

 政府は、4月を「AV出演強要・「JKビジネス」等被害防止月間」と位置付け、当該期間中、政府一体となって、スカウト行為に対する指導・警告、厳正な取締り、「JKビジネス」稼働児童の一斉補導や店舗に対する立入調査等を実施するとともに、SNS等を活用した広報、街頭キャンペーンやシンポジウムの実施、被害防止教育の実施、相談窓口の周知等の取組を緊急かつ集中的に実施することとしています。

 

 もう一人で悩まないで!相談できる場所があります。

 詳しくは、内閣府ホームページをご覧ください。

 「男女局 AV JK」で検索!

 

お問い合わせ

人権・青少年男女参画課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-3074

ファックス番号:028-623-3150

Email:seishonen-danjo@pref.tochigi.lg.jp