ホーム > くらし・環境 > 青少年育成 > 健全育成 > 「とちぎの子ども育成憲章」実践事例

ここから本文です。

更新日:2014年2月6日

「とちぎの子ども育成憲章」実践事例

「とちぎの子ども育成憲章」の条文に沿った実践事例を紹介しています。
いずれの実践事例も、青少年の健全育成に役立っていますので、これからの活動の参考にしてください。

実践事例は随時受け付けていますので、ぜひ事例をお知らせください。
詳しくは、下記までお問合せください。

実践事例

憲章の条文ごとに実践事例を掲載しています。

「子どもたち一人ひとりを尊重し  命を大切にします」

 

 「子どもたちとのかかわりを深め  思いやりの心をはぐくみます」 

 

「子どもたちとともに 学び 喜び 励ましあい  社会の一員としての自覚を育てます」

「一人ひとりが子どもたちの手本となるよう行動します」

 

 

「とちぎの豊かな 自然 伝統 文化を守り  子どもたちに引き継ぎます」

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

人権・青少年男女参画課 青少年育成担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-3075

ファックス番号:028-623-3150

Email:seishonen-danjo@pref.tochigi.lg.jp

広告