ホーム > くらし・環境 > 危機管理・防災ポータルサイト > ふだんの対策 > 防災の知識 > 日光白根山の噴火警戒レベルの運用が開始されました。

ここから本文です。

更新日:2016年12月6日

日光白根山の噴火警戒レベルの運用が開始されました。

日光白根山の噴火警戒レベルの運用が開始されました。

 気象庁では、噴火時などに危険な範囲や必要な防災対応を5段階に区分して示した噴火警戒レベルの運用を進めています。日光白根山においては、火山防災協議会での協議結果及び気象庁や地元自治体等との調整を踏まえ、平成28年12月6日(火曜)14時より噴火警戒レベルを運用し、これを適用した噴火予報や噴火警報の発表を行うこととなりました。なお、同日時に「噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)」が発表されました。

噴火警戒レベルとは

問合せ先 

                                                            http://www.jma-net.go.jp/maebashi/(外部サイトへリンク)           

日光白根山は穏やかな状態が続いています。 登山の際は、事前に山の情報を確認し、無理のない行程で、必要な装備を用意しましょう。登山届も忘れずに提出しましょう。

  

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理課 災害対策担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館8階

電話番号:028-623-2136

ファックス番号:028-623-2146

Email:kikikanri@pref.tochigi.lg.jp