ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 催し案内・お知らせ(県政インフォメーション) > 企画展「菊川京三の仕事―『國華』に綴られた日本美術史

ここから本文です。

更新日:2019年10月17日

企画展「菊川京三の仕事―『國華』に綴られた日本美術史

栃木県小山市で幼少期を過ごした菊川京三(1897-1985)は、現在も刊行が続く日本初の美術研究誌『國華』の挿絵画家として数多くのコロタイプ木版による複製図版を作成しました。

この企画展では、生前に菊川京三本人から栃木県立美術館に寄贈された600点を超える複製図版・下絵を中心に、選りすぐった作品を約40年ぶりに公開します。

國華社勤続60年に及んだ挿絵画家・菊川京三の仕事を一望する回顧展です。

主催

栃木県立美術館、國華社

実施日(期間)

2019年11月2日(土曜日) ~2019年12月22日(日曜日)

開館時間は、午前9時30分から午後5時(最終入館は午後4時30分まで)

場所

栃木県立美術館
所在地:栃木県宇都宮市桜4-2-7

(身障者用の駐車場あり、身障者用のトイレあり)

休館日

月曜日、11月5日(火曜日)

(※11月4日(月曜日・振休)は開館します)

観覧料

一般900(800円)円、大高生600(500)円、中学生以下は無料

(※()内は20名以上の団体料金)

なお、11月3日(日曜日)は文化の日のため観覧料は無料になります。

 

関連イベントも開催いたしますので、詳細は栃木県立美術館のサイト(外部サイトへリンク)を御確認ください。

お問い合わせ

美術館

〒320-0043 宇都宮市桜4-2-7

電話番号:028-621-3566

ファックス番号:028-621-3569

Email:bijyutsukan@pref.tochigi.lg.jp

広告