ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 催し案内・お知らせ(県政インフォメーション) > 栃木県立博物館テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」

ここから本文です。

更新日:2017年12月5日

栃木県立博物館テーマ展「おじいさんやおばあさんの子どものころの暮らし」

電気やガスなどが十分でなかったころから、電化製品が使われ始めたころの昭和20~40年代ごろまでに使われていた生活道具やおもちゃを紹介します。昭和の初めごろは木や竹など自然の物を加工して、道具を作って生活していました。昭和30年代に電化製品が普及したことで、生活や暮らしが大きく変わり、道具にも変化がありました。今ではほとんど見かけなくなった物や少しずつ形を変えた物など、道具の歴史と移り変わりを考えてみましょう。

H29おじいさんやおばあさんの子どもころの暮らし

主催

栃木県立博物館

実施日(期間)

2017年11月23日(木曜日) ~2018年4月8日(日曜日)

場所

栃木県立博物館
〒320-0865栃木県宇都宮市睦町2-2
電話028-634-1311

(身障者用の駐車場あり、身障者用のトイレあり、オストメイト対応トイレあり)

負担金等

一般250(200)円、高・大生120(100)円、中学生以下は無料 ※( )内は20名以上の団体料金、またはM割料金

詳しくは、栃木県立博物館ホームページをご覧ください。

栃木県立博物館ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

博物館

〒320-0865 宇都宮市睦町2-2

電話番号:028-634-1311

ファックス番号:028-634-1310

Email:hakubutsukan@pref.tochigi.lg.jp

広告