ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 催し案内・お知らせ(県政インフォメーション) > 栃木県立博物館テーマ展「谷文晁と関東の文人画」

ここから本文です。

更新日:2018年1月11日

栃木県立博物館テーマ展「谷文晁と関東の文人画」

 谷文晁(1763~1840)は江戸時代後期に活躍した絵師で、関東文人画の大成者として知られています。文晁は狩野派や土佐派など、「八宗兼学」といわれるほど様々な絵画様式を学び、独自の画風を確立しました。その一方で、画塾写山楼で高久靄厓や椿椿山ら多くの門人を育て輩出しています。
 本展は当館収蔵品を中心に、文晁の人物像とその画業をめぐるとともに、文晁の元で学び関東で活躍した文人画家の作品を特集展示します。また、文晁に影響を与えた下野出身の文人画家小泉斐と文晁との交流もあわせてご紹介いたします。
 本展を通し、多岐にわたる関東文人画の世界をご堪能いただければ幸いです。

文晁と文人画

主催

栃木県立博物館

実施日(期間)

2018年1月6日(土曜日) ~2018年2月12日(月曜日)

9:30~17:00(入館は16:30まで)

場所

栃木県立博物館
〒320-0865栃木県宇都宮市睦町2-2
電話028-634-1311

(身障者用の駐車場あり、身障者用のトイレあり、オストメイト対応トイレあり)

負担金等

一般250(200)円、高・大生120(100)円、中学生以下は無料 ※( )内は20名以上の団体料金、またはM割料金

詳しくは、栃木県立博物館ホームページをご覧ください。

栃木県立博物館ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

博物館

〒320-0865 宇都宮市睦町2-2

電話番号:028-634-1311

ファックス番号:028-634-1310

Email:hakubutsukan@pref.tochigi.lg.jp

広告