ホーム > 文化イベント > 飯塚琅玕齋の技と表現の継承  斎藤文石から人間国宝・勝城蒼鳳へ【とちぎ蔵の街美術館】

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

飯塚琅玕齋の技と表現の継承  斎藤文石から人間国宝・勝城蒼鳳へ【とちぎ蔵の街美術館】

展覧会 県南

斎藤文石≪盛籃≫竹 とちぎ蔵の街美術館蔵

栃木市出身の竹工芸家・斎藤文石を中心に斎藤に指導を受け現在も精力的に活躍する人間国宝・勝城蒼鳳と斎藤の師である飯塚琅玕齋の作品・資料などをあわせて約50点を展覧し、飯塚の技法と表現が斎藤と勝城にどのように継承され表現されたのかを紹介します。
本展は斎藤文石の作品をまとめて紹介する初めての回顧展です。

開催日

  • 2019年9月3日 (火曜日)  ~ 2019年10月20日 (日曜日)
    9時00分~17時00分
    (入館は16時30分まで)

開催場所

とちぎ蔵の街美術館(栃木市万町3-23)

料金

一般(高校生以上)500円
中学生以下無料

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)

問い合わせ

とちぎ蔵の街美術館
0282-20-8228