ホーム > 文化イベント > テーマ展「芭蕉と那須町」 ~おくのほそ道330年~【那須歴史探訪館】

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

テーマ展「芭蕉と那須町」 ~おくのほそ道330年~【那須歴史探訪館】

その他 那須

与謝蕪村「奥の細道」画巻(那須歴史探訪館蔵)より『那須野を行く芭蕉と曽良』

元禄二年(一六八九年)四月(陽暦六月)芭蕉と曽良は那須町にその足跡を残します。
高久覚左衞門宅には、「芭蕉懐紙」が残ります。
殺生石や遊行柳では俳句を詠み、句碑が今に残ります。
「おくのほそ道」から三百三十年の時が過ぎた今でも、その輝きを失わない芭蕉の世界。
今回の展示では江戸時代に出版された「おくのほそ道」をはじめ、「芭蕉懐紙」など江戸時代から残された貴重な文物をはじめ、掛け軸や蒔絵、版画や絵画などを通して芭蕉の足跡を辿ります。

開催日

  • 2019年4月3日 (水曜日)  ~ 2019年6月12日 (水曜日)

開催場所

那須歴史探訪館(那須町芦野2893)

料金

大人200円(中学生以下無料)

問い合わせ

那須歴史探訪館
0287-74-7007