ホーム > くらし・環境 > 環境 > 環境施策 > 栃木県環境審議会 第2回環境影響評価部会の結果について

ここから本文です。

更新日:2016年7月25日

栃木県環境審議会 第2回環境影響評価部会の結果について

 本県の環境影響評価制度の見直しについて検討するために、栃木県環境審議会環境影響評価部会を開催しました。結果の概要は下記のとおりです。

                 記 

1 日 時  平成28年7月15日(金)13時30分~15時30分
2 場 所  栃木県庁昭和館 多目的室4
3 出席者  環境影響評価部会 委員 6名
4 議題等(本県の環境影響評価制度の見直しについて)

(1)第1回部会における委員意見に対する県の見解について
  事務局が説明し、委員から以下の点について確認があった。
   ・ 近県における工場等の立地状況について
   ・ 環境に配慮を要する地域の考え方 等

(2)要綱アセスの見直しについて
  事務局が説明し、委員から以下のような意見があった。
  ・ 県内の希少野生動植物はますます厳しい状況に置かれており、現地を確認することは必要
  ・ 自然環境については、既存の知見の拡充が重要である
  ・ 環境配慮とのバランスをとりながら、事業者側の負担軽減について考慮することも重要である
  ・ 企業の環境意識は向上しており、立地検討の際も環境に十分配慮している 等

(3)部会報告書(骨子案)について
    事務局が説明し、委員から以下のような意見があった。
 ・ 要綱アセスについては、見直しに当たって、公表手続を検討する必要があるのではないか。また、文献調査のほか適
     切な現地確認等を実施する必要があるのではないか。(条例アセスの見直しについてはおおむね意見なし。)

(4)今後のスケジュールについて
    事務局が説明した。委員からは特に意見・質疑はなかった。

お問い合わせ

環境森林政策課 環境立県戦略室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-3294

ファックス番号:028-623-3259

Email:kankyo-shinrin@pref.tochigi.lg.jp

広告