ホーム > くらし・環境 > 環境 > クリーンエネルギー > 地中熱交換量マップを作成しました!

ここから本文です。

更新日:2017年7月14日

地中熱交換量マップを作成しました!

 

これまでの取組

とちまる農業 栃木県では、これまでに既存施設である県農業大学校に地中熱利用設備のモデル的な率先導入を目指し、事業化計画を策定を行いました。また、この事業化計画策定のノウハウを生かし、県民や事業者の皆様向けの「地中熱ヒートポンプシステムの導入検討の手引き」を作成しました。

関連リンク

   

「地中熱交換量マップ」の作成

とちまる調べる 栃木県では、新規施設である総合スポーツゾーン新武道館(仮称)に地中熱利用設備のモデル的な率先導入を目指し、事業化計画を策定し、農業大学校や総合スポーツゾーン新武道館(仮称)における事業化計画策定のノウハウを生かし、県内全域での「地中熱交換量マップ」を作成しました。

 

 地中熱交換量マップ(PDF:837KB)

 

県内でのさらなる普及のために

とちまる作業員 空調の運転時間が長いなど、熱利用が多い施設ほど導入効果が高くなりますので、ぜひ導入を検討される際には、この「地中熱交換量マップ」や「地中熱ヒートポンプシステムの導入検討の手引き」を参考に御活用いただき、地中熱導入に向けたきっかけとしてください。

 

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境森林政策課 環境立県戦略室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-3294

ファックス番号:028-623-3259

Email:kankyo-shinrin@pref.tochigi.lg.jp

広告