ホーム > くらし・環境 > 環境 > 環境施策 > 「中山間地域スマートコミュニティ導入支援事業」調査結果の公表について

ここから本文です。

更新日:2016年11月14日

「中山間地域スマートコミュニティ導入支援事業」調査結果の公表について

  地域資源の有効活用、低炭素化及び地域活性化を目的に、バイオマスによる熱供給事業を核としたスマートコミュニティの構築を促進するため、平成27年度に調査を実施しましたので、その結果を公表します。

1  事業の概要

  県では、平成26年3月に『とちぎエネルギー戦略』を策定し、省エネルギー、再生可能エネルギー及び分散型エネルギー施策に係る目標を掲げ施策を展開しています。その一つとして、地域単位でエネルギーを有効利用する「スマートコミュニティ」の構築促進があります。

  本事業は、県内の豊富なバイオマス資源を活用し、低炭素化や地域活性化を目指すものです。

    <スマートコミュニティについて>(外部サイトへリンク)

 

2  調査結果について

  昨年度、バイオマスによる熱供給事業を核としたスマートコミュニティの有望地域について調査を実施。安定した熱需要、地域での波及効果や市町の意欲などを考慮し、以下の3プロジェクトを選定、課題や段階的な整備の見通し等を整理しました。

  【栃木市】  温浴施設等への超小型熱電供給バイオマス設備導入(PDF:134KB)

  【さくら市】耕作放棄地を活用し栽培したバイオマス燃料の熱利用(PDF:109KB)

  【那珂川町】農業施設での木質チップボイラーの余熱利用(PDF:104KB)

 

  全体の調査結果はこちら。中山間地域スマートコミュニティ導入支援事業調査結果(H28.3)(PDF:4,915KB)

 

<注意事項> 

  公表された情報の使用にあたっては、以下の点に注意してください。

    (1) 本調査は、昨年度業務委託により実施したものです。(委託業者:ランドブレイン株式会社)

    (2) 熱需要量や事業収支等は、調査実施コンサルタントによる試算です。

    (3) 事業化や事業採算性等を保証するものではなく、事業化にあたっては市町等関係者との協議が必要です。

  

3  事業化に向けた県の取組について

  今後は、それぞれの地域の特性に合わせ事業化に向け支援します。なお、栃木市に係る事業者の公募は、年内を予定しています。

〔県の支援内容〕

  ・ 関係機関との協議の場の設定

  ・ 活用可能な補助制度の導入支援

  ・ 関連法規の申請書類作成段階での助言

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境森林政策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-3294

ファックス番号:028-623-3259

Email:kankyo-shinrin@pref.tochigi.lg.jp

広告