重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > くらし・環境 > 環境 > 環境施策 > 栃木県環境マネジメントシステム(EMS)

更新日:2018年3月28日

ここから本文です。

栃木県環境マネジメントシステム(EMS)

栃木県環境マネジメントシステムは、県の事務事業に関し、環境保全の取組を推進するため、県庁内の体制及び手続等の仕組みを定めたものです。栃木県では、平成19年度から本庁においてISO14001に基づく「栃木県環境マネジメントシステム(EMS)」を運用してきましたが、平成23年3月のISO14001認証登録期間の満了を契機として、より効率的で実効性のある本県独自の新しいEMSに再構築し、平成23年度から対象範囲を全庁に拡大して運用しています。

栃木県環境マネジメントシステム(EMS)について

1. 運用開始日 : 平成23年4月1日

2. 適用範囲  : 全所属(病院、学校、警察署を含む)

3. 基本方針と具体的取組(実効性があり効果的な本県独自のEMSを構築・運用)

  •  「守り、育て、活かす、環境立県とちぎ」の実現に向けて、すべての所属がEMSに取り組む
  •  ISO14001認証で培ったPDCAのノウハウを活かし、環境マネジメントシステムの質を維持する。

①ISO14001認証機関による審査の代わりに、県民による外部評価で客観性・透明性を確保する。

②内部環境監査を引き続き実施し、確実な運用を図る。

③全庁を挙げて取り組むため、毎年度、研修を行う。

  • 事務の効率化のため、文書規程の簡素化などにより、簡潔でわかりやすい仕組みとする。

①庁内LANを活用した報告プログラムを開発し、処理の迅速化を図る。

②文書規定はISO14001の規格から離れ、シンプルで分かりやすい内容に変更する。 

EMS関連文書 

取組結果

令和元(2019)年度

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

平成24年度

平成23年度

平成22年度までの取組【参考】 

 ISO14001規格によるEMSの取組経過は下記のとおりです。

平成19年度 EMSの運用開始(4月~)
ISO14001の認証取得(平成20年3月14日)
平成22年度 ISO14001の認証登録期間の満了(平成23年3月13日)

 ※過去の取組については「ISO14001(栃木県環境マネジメントシステム)」をご覧ください。

移行経緯【参考】

1. ISO14001に基づくEMS運用の成果

 (1) PDCAサイクルによる環境マネジメントのノウハウの蓄積

 (2) 職員の環境意識の向上と環境配慮の取組の定着

 (3) 県が排出する温室効果ガスの抑制

2. 環境政策の重点化

  • 栃木環境立県戦略(平成21年11月策定)

      「地球と人にやさしい“エコとちぎ”」の実現を目指す。

  • 新とちぎ元気プラン(平成23年2月策定)

      3つの重点戦略の1つに「未来につなぐ環境戦略」

3. 県自らも、なお一層、環境負荷低減に職員一丸で取り組む

 ・・・・・ EMS全庁拡大。独自EMSへの移行。

環境マネジメントシステムの導入促進【参考】

iso14001

ISO14001

ISO14001とは、企業などの活動が環境に及ぼす影響を最小限にとどめることを目的に定められた、環境に関する国際的な標準規格です。

 

ea21エコアクション21

エコアクション21認証・登録制度は、広範な中小企業、学校、公共機関などに対して、「環境への取り組みを効果的に行うシステムを構築・運用・維持し、環境への目標を持ち、行動し、結果を取りまとめ、評価し、報告する」ための方法として、環境省が策定したエコアクション21ガイドライン(2017年版)に基づく、事業者のための認証・登録制度です。

 

お問い合わせ

気候変動対策課 カーボンニュートラル担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-3186

ファックス番号:028-623-3259

Email:kikou-hendou@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告