ホーム > くらし・環境 > 環境 > 温暖化対策 > マロニエECO事業所表彰制度(平成29年度入賞事業所決定)

ここから本文です。

更新日:2018年2月5日

マロニエECO事業所表彰制度(平成29年度入賞事業所決定)

 県では、事業所における自主的な環境保全活動を促進するため、省エネ対策の推進や再生可能エネルギーの導入等により、地球

温暖化対策に関し優れた取組を行っている県内の事業所を「マロニエECO事業所表彰」として表彰しています。

 「平成29年度マロニエECO事業所表彰」の入賞事業所を下記のとおり決定しましたので、お知らせします。 

1 「温室効果ガス削減部門」 

 ○ 応募対象

 工場、オフィス等において、温室効果ガスの削減に取り組み、県から「エコキーパー事業所認定制度」の認定を受けた県内の

 事業所(学校や病院等も含みます)

 ○ 評価項目

 工場、オフィス等における温室効果ガス排出削減の取組状況(取組内容、削減状況、及び地域への貢献など)  

最優秀賞

事業所名:昭和電工株式会社 小山事業所(小山市) 非鉄金属製造業

取組内容:LED照明の導入や高効率トランスへの更新 ほか

最優秀賞(中小事業所部門)

事業所名:佐藤工業株式会社(壬生町) 建設業

取組内容:LED照明の導入や省エネタイプのエアコンを設置 ほか

優秀賞

事業所名:株式会社UACJ押出加工小山(小山市) 非鉄金属製造業

取組内容:高温を要するアルミニウムの押出加工の工程において、機器の断熱性を向上 ほか   

優秀賞(中小事業所部門)

事業所名:吉澤石灰工業株式会社 葛生工場(佐野市) 石灰製造業

取組内容:エネルギー管理室を設置し、工場全体のエネルギー使用量を管理する体制を整備 ほか 

特別賞

事業所名:株式会社タツミ 本社工場(足利市) 輸送用機械器具製造業

取組内容:高効率空調機や高効率インバータコンプレッサーの導入に加え、取引先との地球環境保護等の勉強会を実施 ほか  

2 「再生可能エネルギー部門」

 ○ 応募対象 

 県内で再生可能エネルギー設備を導入している法人、団体、及び市町(開発段階や実証段階の取組は対象外とします) 

 ○ 評価項目  

 エネルギーの利用目的、先駆性、創意工夫、普及啓発活動、地域貢献等の観点から総合的に評価 

最優秀賞

事業所名:フタバ食品株式会社 下栗工場(宇都宮市) 食料品製造業

取組内容:太陽熱温水システムとガスコージェネレーションシステムを導入し、併せて施設全体のエネルギーマネジメントを実施  

優秀賞

事業所名:宇都宮市上下水道局 川田水再生センター(宇都宮市)

取組内容:下水処理過程で発生する消化ガスを有効活用し、燃料電池の導入によるバイオマス発電を実施 

 

事業所名:有限会社 元泉館(那須塩原市) 宿泊業

取組内容:熱交換器やヒートポンプを導入し、露天風呂の保温及びシャワー等の給湯設備の熱源として温泉排熱を活用

特別賞

事業所名:さくら市 もとゆ温泉(さくら市)

取組内容:ペレットボイラーを導入し、燃料である木質ペレットに、市内で栽培されたエリアンサスを活用

 ※エリアンサス:イネ科の多年草で、最大約4mまで成長

3 表彰式 

 表彰は、「平成29年度環境とみどりの県民大会」にて行います。

 日時: 平成30年2月9日(金曜日) 13時30分から15時30分

 場所: 栃木県総合文化センター サブホール

4 平成29年度 入賞事業所

5 過去の入賞事業所

 ※ 「エコ技術部門」は平成24年度まで、「フードマイレージ削減部門」は平成23年度までで、それぞれ終了となりました。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地球温暖化対策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-3187

ファックス番号:028-623-3259

Email:chikyu-ondanka@pref.tochigi.lg.jp

広告