ホーム > くらし・環境 > 環境 > クリーンエネルギー > 「地熱エネルギーの最新動向及び温泉との関係」セミナーの開催について

ここから本文です。

更新日:2017年9月11日

「地熱エネルギーの最新動向及び温泉との関係」セミナーの開催について

   県では、昨年度、温泉地におけるエネルギーの周知を目的として、日光市、那須塩原市及び那須町で「温泉地におけるエネルギーの可能性」セミナーを開催しました。セミナーには延べ約140名の方に御参加いただき、環境省自然環境局支援環境整備課温泉地保護利用推進室及び東北大学名誉教授の新妻弘明氏から、温泉熱の有効利用や地熱エネルギーの基礎知識等を御紹介いただきました。

 本年度も、全国的に注目が集まる地熱エネルギーを引き続き周知することを目的として、「地熱エネルギーの最新動向及び温泉との関係」セミナーを下記のとおり開催します。

 セミナーでは、一般財団法人電力中央研究所上席研究員の窪田氏から地熱エネルギーの基礎知識や熱の利活用による地域振興のメリット等について、また、公益財団法人中央温泉研究所所長の益子氏から地熱資源と温泉資源の科学的関係や各地の温泉の特徴等について御紹介いただき、地熱エネルギーについて理解を深めます。 

 

  セミナーチラシ兼参加申込書(10月12日 那須塩原市、10月25日 )(PDF:469KB)

   

1  開催日時及び会場

 

開催日時

会場

第1回

平成29年9月5日(火曜日)  

午後1時15分から

※終了しました。

日光市藤原公民館

(日光市鬼怒川温泉大原1404-1)

第2回

平成29年10月12日(木曜日)

午後1時15分から

ハロープラザ

(那須塩原市関谷1266-4)

第3回

平成29年10月25日(水曜日)

午後1時15分から

那須町高原公民館

(那須町大字湯本199-14)

※会場までは、できるだけ公共交通機関を御利用ください。

2  内容

 テーマ:「地熱エネルギーの最新動向及び温泉との関係」     

       ~地熱エネルギーと温泉との関係は?~     

(1)地熱エネルギーの最新動向と利活用の留意点

     講師:一般財団法人電力中央研究所 環境科学研究所 上席研究員 窪田 ひろみ(くぼた ひろみ) 氏

        ・地熱エネルギーの基礎知識、国の支援策と各地の進捗状況

        ・温泉熱を含めた熱の利活用事業による地域振興のメリット・デメリット

        ・地域における協議会等での話し合いや合意形成の事例紹介  等

(2)地熱資源と温泉資源との科学的関係

     講師:公益財団法人中央温泉研究所 所長 益子 保(ましこ たもつ) 氏

        ・温泉資源と地熱資源の賦存状態に関する基礎知識

        ・各地域(日光市、那須塩原市、那須町)の温泉の特徴

        ・温泉資源の保護と地熱資源の利活用  等

3   申込方法

  電話またはチラシ裏面の参加申込書に必要事項をご記入の上、郵送、FAXまたはメールにて地球温暖化対策課まで

 お申し込みください。

4 参加費

   無料

5   後援  

   環境省関東地方環境事務所

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地球温暖化対策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-3187

ファックス番号:028-623-3259

Email:chikyu-ondanka@pref.tochigi.lg.jp

広告