ホーム > くらし・環境 > 環境 > クリーンエネルギー > マロニエECO事業所表彰再生可能エネルギー部門入賞事業所見学バスツアーを開催します

ここから本文です。

更新日:2017年2月23日

マロニエECO事業所表彰再生可能エネルギー部門入賞事業所見学バスツアーを開催します

 県では、環境保全に関し優れた取組を行う県内事業所を表彰することにより、事業所における環境保全活動への取組意識の高揚及び同活動の一層の促進を目的として、「マロニエECO事業所表彰」を実施しています。

 平成28年度は、「温室効果ガス削減部門」で6事業所、「再生可能エネルギー部門」で4事業所を表彰しました(入賞事業所紹介(PDF:6,367KB))。

 「再生可能エネルギー部門」は、県内の多様な地域資源を再生可能エネルギーとして有効に利活用し、特に先進的で創意工夫溢れる優秀な取組を表彰することにより、再生可能エネルギーの導入、利活用を更に推進し、低炭素社会に寄与することを目的として今年度(平成28年度)から新設したものです。

 本バスツアーでは、「再生可能エネルギー部門」に入賞された3か所の先進的な取組を県民の皆様等にご見学いただき、県内への再生可能エネルギーのさらなる波及が図られることを目的としています。

 ぜひご参加ください!

1  主催

  栃木県

2  内容

  1 開催日

    平成29年3月10日(金曜日)

  2 集合場所・集合時間

    (1)栃木県庁本館1階ロビー とちまるくん前 ・ 9時00分

    (2)JR宇都宮駅東西自由通路 ロッテリア前  ・ 9時15分

  3 見学先

      (1)社会福祉法人 平松愛児会 ココロミ保育園(宇都宮市西刑部町)

     保育園の園庭や雨水浸透槽等の熱を利用した地中熱ヒートポンプシステムによる園内冷暖房

              ココロミ保育園 水平ループ方式

            保育園全景          水平ループ方式による採熱

                          (見学時は埋設されています)

      (2)道の駅どまんなかたぬま(佐野市吉水町) (㈱渡辺電設との共同申請)

     全国の道の駅で初となる大規模カーポート型太陽光発電の導入及び地域の防災拠点としての機能強化

     どまんなかたぬま空撮 蓄電池2

        道の駅どまんなかたぬま       非常用蓄電池(5kWh×2台)

    (3)ホテルサンバレー那須 温泉熱バイナリーサイクル発電所(那須町湯本)

     県内初の温泉熱バイナリーサイクル発電所の設置等によるCO2削減

     バイナリー発電所 ペレットストーブ

        温泉熱バイナリーサイクル発電所      木質ペレットストーブ

     

     ※行程等の詳細は、チラシ(PDF:406KB)をご覧ください。

3 募集対象

  県内に居住する方、または県内に所在する事業所に勤務する方

4   募集人数

  40名(先着順)

5 参加費

  無料(昼食は道の駅どまんなかたぬまにて、各自でお願いいたします。)

6   申込方法 

    チラシ(PDF:406KB)の裏面をご覧いただき、電話、FAX又はメールでお申し込みください。 

  電話:028-623-3186

  FAX:028-623-3259

  メール:chikyu-ondanka@pref.tochigi.lg.jp

7 申込締切

  平成29年3月7日(火曜日)必着

 

8 問合せ先

  栃木県環境森林部地球温暖化対策課 計画推進担当 再生可能エネルギーチーム 電話:028-623-3187

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地球温暖化対策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-3187

ファックス番号:028-623-3259

Email:chikyu-ondanka@pref.tochigi.lg.jp

広告