ホーム > くらし・環境 > 廃棄物 > 廃棄物処理業 > 廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令等の改正について(水銀廃棄物について)

ここから本文です。

更新日:2020年3月27日

廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令等の改正について(水銀廃棄物について)

廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令等の改正について

   廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令等(以下「廃棄物処理法施行令等」という。)が改正され、平成29(2017)年10月1日に施行されました。
   改正により、「水銀使用製品産業廃棄物」及び「水銀含有ばいじん等」が新たに定義され、それぞれ保管基準及び処理基準が追加されます。
   平成29(2017)年10月1日以降、これらの廃棄物の保管や処理を行う場合、新たな基準に適合したものとする必要がありますので、注意してください。

水銀廃棄物の定義と保管基準・処理基準

   定義及び保管基準・処理基準について(PDF:87KB)

 

 

産業廃棄物収集運搬業における水銀廃棄物に係る許可証の取扱いについて

   廃棄物処理法施行令等が改正されたことに伴い、「水銀使用製品産業廃棄物」及び「水銀含有はいじん等」が定義され、許可申請等(新規・更新・変更)の際には、その取扱いの有無を明らかにすることになりました。

   平成29(2017)年10月1日以前から水銀廃棄物の取扱いがある許可業者にあっては、平成29年(2017)10月1日以降最初の許可申請等までの間は、従来の許可証の記載のまま水銀廃棄物の収集運搬が可能です。

   また、栃木県では、平成29(2017)年10月1日以前にこれら水銀廃棄物の取扱いがあり、許可申請等による手続よりも前に、取扱っていることを許可証で明らかにしたいことを希望する許可業者の方に対し、変更届を提出いただくことで、新しい許可証を交付します。

   更新許可申請、変更許可申請の際は、「水銀使用製品産業廃棄物」及び「水銀含有ばいじん等」を取り扱うかの確認をします。取り扱う場合は、申請書の「事業の範囲」の欄等にその旨記載していただくか、申出書を添付するか、いずれかの対応をしてください。

   なお、収集運搬業で積替保管の許可を有する事業者及び中間処理業の許可を有する事業者において、水銀廃棄物に係る手続をご希望の方は、事前に取扱い窓口(各許可証に記載の担当窓口)に予約を取ったうえで、その内容について相談してください。

(平成29年10月1日より前に水銀廃棄物を取り扱ったことがない収集運搬業者が、新たに水銀廃棄物を取り扱おうとする場合は、水銀廃棄物を追加する旨の変更許可を受けることが必要です。)

 

【希望する許可業者(収集運搬業(積保なし))のみ】
1   届出に必要な書類
   (1) 変更届
   記載例を参考に変更届を記入するか、又は変更届には「別添申出書のとおり」とのみ記載し申出書を添付するか、いずれかの方法により変更届を作成してください。
   【変更届(水銀廃棄物用)(ワード:41KB)申出書(エクセル:12KB)記載例(PDF:272KB)
   (2) 許可証(原本)
   (3) 書換後の許可証の郵送を希望の場合、【返信先を記載したレターパックプラス(520円)】

2   届出方法
   (1) 持参又は郵送(持参の場合は、平日午前9時~12時、午後1時~5時まで(※予約は不要))
   (2) 提出部数・・・正副2部(副本は返却)
   (3) 手数料・・・不要

3   提出先
   (1) 主たる事務所又は事業場を栃木県内(宇都宮市を除く)に有する場合、又は、処理施設(積替保管施設を含む)を栃木県内(宇都宮市を除く)に有する場合には、所在地を管轄する下表の事務所
   (2) (1)以外は廃棄物対策課

   提出先及び問い合わせ先一覧(PDF:41KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

廃棄物対策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-3154

ファックス番号:028-623-3113

Email:hai-tai@pref.tochigi.lg.jp