ホーム > くらし・環境 > 廃棄物 > 廃棄物対策 > 残置物の適正処理について

ここから本文です。

更新日:2018年8月17日

残置物の適正処理について

 

残置物とは

残置物とは、建築物の解体・リフォーム工事などの際に残された不要な家具や家電製品等のことです。

残置物は、解体・リフォーム工事の前に、建築物の所有者や占有者が、廃棄物処理法等に則して処理をする必要があります。

 

残置物の処理方法について

家庭の残置物

家庭の残置物は「一般廃棄物」となります。市町村に相談の上、市町村の指定する方法で処理をお願いいたします。

事務所等の事業所の残置物

事業所の残置物は種類や性状により「一般廃棄物」又は「産業廃棄物」となります。

それぞれ許可を得ている業者等に処理を委託し、適正な処理をお願いします。

 

 

詳しくは、以下の環境省リーフレットを御覧ください。

残置物リーフレット(環境省作成)(PDF:730KB) 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

廃棄物対策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-3107

ファックス番号:028-623-3113

Email:hai-tai@pref.tochigi.lg.jp

広告