ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 報道発表 > 令和2(2020)年度とちぎ材の家づくり支援事業費補助の募集開始について

ここから本文です。

2020年4月14日発表

令和2(2020)年度とちぎ材の家づくり支援事業費補助の募集開始について

  県産出材で住宅を建てる建築主の方々に対して、使用量に応じて以下のとおり助成を行いますので(第一期募集)、お知らせします。 

 

(参 考)

 この制度においては、県産出材を使用した木造住宅供給の促進及び林業・木材産業の活性化を図り、さらに木材の地産地消による二酸化炭素の排出量抑制に資することを目的としています。

  1 対象者 

   県内において自ら居住するための木造住宅を建設する建築主

  2 補助金額                    

    新築:県産出材使用量に応じ、最大40万円(7段階)

  新築においては、県産石材(大谷石・芦野石・深岩石)5m2以上、または伝統工芸品(鹿沼組子、日光彫)2m2以上を内装材等に使用で10万円上乗せ

  増築・改築:県産出材使用量に応じ、最大15万円(3段階)

  ※詳細は、別添チラシをご覧ください。

  3 補助要件

  県内に自ら居住するために新築・増築・改築する方であって、使用木材のすべてに合法木材を使用し、令和3(2021)年3月12日までに対象事業を施工できること等

  ※詳細は、別添チラシをご覧ください。

  4 対象戸数(第一期)

 [新  築] 200戸程度(県産石材・伝統工芸品上乗せ40戸程度)

 [増・改築]  80戸程度

  5 補助金交付申請の受付期間(第一期)及び採択

 [受付期間] 令和2(2020)年4月23日(木)から5月14日(木) 

        ※土台着手日が令和2(2020)年4月1日(水)から6月30日(火)までのもの

 [採 択 日] 令和2(2020)年6月1日(月)採択予定

 [採択要件] 県産出材使用量の多い順に採択

        ※以下①~③の場合は、県産出材使用量に関わらず、優先的に採択

         ①令和元年東日本台風被災者

         ②梁桁に県産出材を4m3以上かつ50%以上使用

         ③構造材に県産森林認証材・県産JAS材を4m3以上使用

  6 申請書の提出先

  栃木県木材業協同組合連合会(028-652-3687)

  宇都宮市新里町丁277-1

  新型コロナウイルス感染拡大防止のため、極力、郵送での提出をお願いいたします。

  7 問い合わせ先   

  [県産出材および制度全般に関すること]

   栃木県環境森林部林業木材産業課木材産業担当(028-623-3277)

  [県産石材および伝統工芸品に関すること]

   栃木県産業労働観光部工業振興課地域産業担当(028-623-3199)

  8 その他

   県外住宅支援事業においても、4月23日(木)から募集開始いたします。

  県外住宅支援事業…県外住宅において、とちぎ材を10m3以上使用した場合に10万ポイント付与(1ポイント1円相当とし、県内の農林水産品等と交換)

お問い合わせ

林業木材産業課 木材産業担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-3277

ファックス番号:028-623-3278

Email:ringyo-mokuzai@pref.tochigi.lg.jp

広告