ここから本文です。

更新日:2020年3月19日

「ナラ枯れ」被害の情報提供にご協力下さい

「ナラ枯れ」被害について

ナラ枯れはカシノナガキクイムシが媒介するナラ菌によりコナラ・ミズナラ類等の樹木が集団的に枯損する樹木の伝染病です。栃木県ではナラ枯れ被害は発生していませんが、近県で被害が発生していますので、本県への被害拡大が懸念されます。

被害の拡大を防ぐために、ナラ枯れ被害を見かけたら、お近くの県の関係機関まで情報提供をお願いします。

【「ナラ枯れ」被害の特徴】

  • 主にコナラ、ミズナラの樹木が被害にあいます。まれにクリ、クヌギ、シイ、カシも被害にあいます。
  • 被害があった樹木の根元には大量のフラス(虫のフンや木くず)がたまっています。
  • 8月頃に葉が赤褐色に変色します。

【「ナラ枯れ」被害の写真(他県の被害状況)】

190927ナラ枯れ状況

※東京農工大連合農学研究科(宇都宮大学) 福沢朋子氏提供

190927フラス 

※林野庁HP ナラ枯れ被害対策についてより 

【連絡先】

・県西環境森林事務所 電話:0288-21-1178

・県東環境森林事務所 電話:0285-81-9001

・県北環境森林事務所 電話:0287-23-6363

・県南環境森林事務所 電話:0283-23-1441

・矢板森林管理事務所 電話:0287-43-0427

【注意喚起資料】 

・(更新)「ナラ枯れ」被害の情報提供に御協力ください。:チラシ(PDF:1,884KB)

 

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

森林整備課 森づくり担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館10階

電話番号:028-623-3296

ファックス番号:028-623-3289

Email:shinrin-seibi@pref.tochigi.lg.jp