ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 環境森林部 > 森林整備課 > 森林整備課が掲載している主なページ > 森林の保全管理活動における注意喚起等について

ここから本文です。

更新日:2019年11月22日

森林の保全管理活動における注意喚起等について

夏期の草刈り等で、刈払機の使用による事故や、冬期の寒さで身体が動きにくく転倒するなど、森林整備には農作業に比べ、足場の不安定な箇所での作業が多いなど、より危険な要因が潜んでいます。森林の保全管理活動等を行う際には、活動中の事故防止に関する注意喚起等よろしくお願いします。

 

1.刈払機(草刈機)の使用中の事故にご注意ください

 

2.蜂刺され災害を防ごう

 

3.森林レクリエーションでのスズメバチ刺傷事故を防ぐために

4.森林内等の作業におけるダニ刺咬予防対策

 

5.ヤマビル被害を防ぐために

    ①休憩場所や施設等の周囲では

       冬場に落葉かきをすると、翌夏のヤマビルの数を減らすことが期待できます。

 

    ②ヤブの刈り払いなど作業を行う際には

     長袖、長ズボンを着用し、肌の露出を少なくする服装で身を守る対策をお願いします。

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

森林整備課 森づくり担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館10階

電話番号:028-623-3296

ファックス番号:028-623-3289

Email:shinrin-seibi@pref.tochigi.lg.jp