ここから本文です。

更新日:2013年1月16日

野生鳥獣の捕獲等について

鳥獣保護法について

 鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(以下、「鳥獣保護法」といいます。)の目的は、「鳥獣の保護及び狩猟の適正化を図り、もって生物の多様性の確保、生活環境の保全及び農林水産業の健全な発展に寄与することを通じて、自然環境の恵沢を享受できる国民生活の確保及び地域社会の健全な発展に資すること」とされています。

 この目的を達成するため、鳥獣保護法には、鳥獣の保護を図るための事業の実施、鳥獣による生活環境、農林水産業又は生態系に係る被害の防止、さらに、猟具の使用に係る危険の予防に関する規定などが定められています。

鳥獣保護法による捕獲等の禁止と許可

 鳥獣保護法により、全ての野生鳥獣(鳥獣保護法の対象にならないネズミ類及び海棲ほ乳類を除く)は捕獲等(損傷や卵の採取を含む)することができません。ただし、以下の場合を除きます。

1 狩猟制度に基づき、狩猟鳥獣を捕獲する場合

2 鳥獣による生活環境・農林水産業又は生態系に係る被害の防止の目的の場合(有害鳥獣捕獲)や、学術研究の目的などの場合で、法による許可を受けた場合 

有害鳥獣捕獲等の基本的考え方

 有害鳥獣の捕獲等は、鳥獣による生活環境、農林水産業又は生態系に係わる被害が、現に生じているか又はそのおそれのある場合に、その防止及び軽減を図るために行うものとします。

 また、捕獲等は、原則として被害防除対策によっても被害等が防止できないと認められるときに行うものとします。

 外来鳥獣等については、上記に関わらず、当該鳥獣を根絶又は抑制するため、積極的な捕獲等を図るものとします。

申請の方法

 栃木県では、捕獲の目的を問わず、捕獲許可権限を市町長に移譲していますので、相談や申請については該当する機関にしてください。 

環境大臣権限

 鳥獣保護法第9条第1項から第3号の規定により、環境大臣の鳥獣捕獲等許可が必要なもの。

 1 環境大臣が指定する鳥獣保護区域内における鳥獣の捕獲等

 2 希少鳥獣(鳥獣保護法施行規則第4条)の捕獲等(オオタカ・ハヤブサ等)

 3 鳥獣の保護に重大な支障がある猟具を使用した鳥獣の捕獲等

 所管する地方環境事務所 

環境省 関東地方環境事務所 野生生物課

〒330-6018 さいたま市中央区新都心11-2

 明治安田生命さいたま新都心ビル18F

TEL:048-600-0516 

県知事権限

 次のいずれかに該当する鳥獣の捕獲等

1 獲等する場所が複数の市町の範囲にまたがるもの

2 指定猟法許可申請が伴うもの

 所管する環境森林事務所

 県東環境森林事務所 環境企画課 電話0285-81-9001

 但し、捕獲等する場所が複数の環境森林事務所又は森林管理事務所に及ぶ場合は、環境森林部 自然環境課 電話028-623-3261 

市町長権限

 捕獲等を行う場所が、1市町の範囲内のもの(捕獲等の目的や捕獲等する鳥獣の種類を問わない)。ただし、指定猟法許可申請が伴うものは除く。

 市町担当課

 宇都宮市 農村整備課 森林整備グループ 電話028-632-2477

 真岡市 農政課 農政係 電話0285-83-8137

 上三川町 産業振興課 農産園芸課係 電話0285-56-9138

 益子町 環境課 自然環境係 電話0285-72-8519

 茂木町 農林課 農林土木係 電話0285-63-5635

 市貝町 農林商工課 農村整備係 電話0285-68-1116

 芳賀町 農政課 農林振興係 電話028-677-1110 

申請書類

 1 鳥獣の捕獲等又は鳥類の卵の採取等の許可申請書(様式2号(ワード:36KB)

 2 添付書類

 1. 従事者証の交付申請書(様式12号(ワード:30KB))、法人等(農業協同組合、農業共済組合、森林組合、漁業協同組合等)が申請する場合には添付すること)

 2. 鳥獣捕獲等許可申請者(従事者)名簿兼台帳(様式3号(ワード:53KB)

 3. 被害等の区域図(捕獲等の区域及び被害区域を図示した図面、原則として1/25000地形図)

 4. 有害鳥獣捕獲依頼書(様式4号(ワード:35KB)、被害者と申請者が異なる場合には添付すること)

 5. 捕獲等の方法を明らかにした写真や図など(捕獲に使用する檻やわなの写真や図、設置方法など)

 6. その他、捕獲等の方法により、狩猟免許証、狩猟者登録証の写しを添付していただく場合があります。

 

学術研究の目的で捕獲する場合

 鳥獣捕獲許可等申請書に必要事項を記入し、研究の内容を明らかにした書類等を添付の上、申請してください。詳しくはそれぞれの申請窓口までご相談ください。 

鳥獣の捕獲等又は鳥類の卵の採取等の許可申請書(様式1号(ワード:36KB)

捕獲実施の注意点

 捕獲の実施に際しては、捕獲の許可時に発行する許可証又は従事者証を携帯し、注意事項を遵守して実施してください。

 また、許可証及び従事者証は、その効力を失った日から30日以内に、許可申請をした窓口まで返納するとともに、捕獲の報告をして頂きます。

 

野生鳥獣の違法な捕獲・飼養は罰せられます!

 野生鳥獣を許可なく捕まえたり、飼うことはできません。違法に捕獲した鳥を売ることや飼うことも禁止されています。許可なく捕獲した場合は、法により罰せられます(1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)。

  なお、違法に野鳥を捕まえたり、飼っているのを見かけた場合、不審な捕獲用わなかすみ網とらばさみ等)を発見したときは、速やかに栃木県県東環境森林事務所(環境企画課)又は最寄りの警察へ連絡してください。

 


お問い合わせ

県東環境森林事務所 環境企画課

〒321-4305 真岡市荒町116-1 芳賀庁舎

電話番号:0285-81-9001

ファックス番号:0285-81-9006

Email:kento-ksj@pref.tochigi.lg.jp

広告