ここから本文です。

更新日:2017年12月27日

益子の森 NEWS

ましこアカマツ復活プロジェクトの取り組み!(平成29年12月8日)

詳細はこちらから御確認ください→益子の森での取組

 

【ましこアカマツ復活プロジェクト】

○ 益子町内の小学生等により、かつて町内の山に数多く生育し益子町の風土を

 形作り古くから窯業の燃料として利用され『焼き物の里益子』のシンボルとも

 いえるアカマツによる森づくりを行う取り組み。

○ 同時にアカマツと町とのつながりの歴史について学び、子供たちの郷土愛を

 育み、深めていくとともに、自然や森林の大切さ、木を使うことの意義、地域

 住民の森づくりへの理解促進を図る取り組み。

○ 平成29年8月に実行委員会を設立し、取り組みをスタートさせました。


今しかない!!(平成29年12月19日)

晴れているけれど冷たい風、すっかり冬だなと感じる今日この頃です。

展望塔

その冬でしか見られない光景が!!!

駐車場から展望塔が見えるのです。

今だけですよ。

春になって葉っぱが芽吹くと、駐車場からは見られなくなってしまいます。

今しかないこの光景、自分の目で確かめてくださいね。

 

 

 

 

ちなみに。

今の益子の森は、林内の刈り払いをし、すっきりしています。

歩道を歩いて、落ち葉のカサカサする音と一緒に冬の景色を楽しんでみては?

きれいな益子の森の中

 


監督されてる?(平成29年12月19日)

風は冷たいけど、快晴です。

日の当たる室内はポカポカ。

外に出たくない・・・。そんな気分になりますよね。

でも、『そんなことではだめだっ!』と、自分に喝を入れて、益子の森に来てみると。

 

 

ん??

何やら視線を感じます。

目を凝らしてみてみると・・・。

どこにいるかな?

 

どこにいるかわかりますか?

「益子国民休養地」の「益子」の文字の上を見ていくと・・・。いたっ!!

メジロです。

カメラを向けると視線をそらし、こちらが視線をそらすと、メジロがこちらを見る。を繰り返すこと、数回。

まるで、仕事を監督されているようです。

「はい。すみません。真面目にお仕事します。」と反省しつつ、益子の森の調査をするのでした。

メジロが監督中

 

 


 

→次のページへ

 

 

ページの先頭へ戻る

概要

 ◎益子の森の詳細はこちら 

 ◎益子の森マップ(PDF:3,414KB) 

 ◎益子の森での取組

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県東環境森林事務所 環境企画課

〒321-4305 真岡市荒町116-1 芳賀庁舎

電話番号:0285-81-9001

ファックス番号:0285-81-9006

Email:kento-ksj@pref.tochigi.lg.jp

広告