ここから本文です。

更新日:2018年7月23日

山地災害にご注意ください!

急な豪雨や台風の上陸等により、山地災害が懸念される季節となりました。
連日の雨や、台風、地震等により地盤が緩くなった場所では、山崩れなどが発生する恐れがあります。
特に近年、非常に激しい降雨にともなって全国各地で大きな被害が発生しています。
事前に避難経路や避難場所を確認し、危険を感じたらすぐに避難しましょう。

 

山地災害8つの危険信号

山地災害が発生する兆候として、下記の8つが挙げられます。

中には気づくのが難しいものもありますが、山や川の近くにいると気がつきやすいサインがあります。

 

  • 山に亀裂が走った
  • 石が落ちてきた 
  • 湧き水が止まった
  • 湧き水が増えた
  • 川が濁った 
  • 川の水位が下がった
  • 井戸水が濁った
  • 地鳴りがする

 kikensingou

 

 

日頃からできること

山地災害を始め、地震や洪水等の自然災害はいつどこで発生するか分かりませんが、tochimaru

普段からの備えで、少し安心感が生まれるかもしれません。

日頃からできることをいくつかご紹介します。

 

危険な場所を把握する

お住まいの市町で作成している防災マップや県のホームページで公表している情報から、近くの危険な場所を確認することができます。

 

避難場所・避難経路を調べる

災害が発生した際には、どこを通り、どこへ避難すればよいのか、あらかじめ調べておくと安心です。

 

非常持ち出し品を準備する

避難の際に備えて、飲食料、医薬品、衣類、懐中電灯や携帯ラジオ等必要最低限のものを準備しましょう。

一般に、飲食料は一人あたり最低3日分が必要とされています。

総務省消防庁のホームページなどで、非常持ち出し品の詳細な内容が掲載されていますので、参考にしてください。

 

 

危険な事態が発生してしまったら

tochimarukun_hinan  何よりもまずは避難しましょう。

  ご自身の安全を確保することが第一優先です。

  ご家族やご近所の方にも声をかけ、安全な空間を確保しましょう。

 

 

     *****

 

 

山地災害等に関して何かお気づきの点等ございましたら、下記問い合わせ先までご連絡ください。

 

 

お問い合わせ

県東環境森林事務所 森づくり課

〒321-4305 真岡市荒町116-1 芳賀庁舎

電話番号:0285-81-9005

ファックス番号:0285-81-9006

Email:kento-ksj@pref.tochigi.lg.jp