ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 保健福祉部 > 保健福祉課 > おもいやり駐車スペースの適正利用啓発キャンペーンについて

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

おもいやり駐車スペースの適正利用啓発キャンペーンについて

平成30(2018)年度おもいやり駐車スペース適正利用啓発キャンペーン取組結果について

キャンペーン概要

おもいやり駐車スペースの適正利用に向け、効果的・効率的に県民への周知啓発を図ることを目的として、関係機関及び関係団体等が一体となった重点キャンペーンを平成30(2018)年12月3日(月曜日)から9日(日曜日)の障害者週間に併せて実施しました。

取組状況・結果

参加団体数 60団体(施設数 計512)

   内訳:民間団体 39、自治体 21(栃木県含む)

取組内容

・リーフレットの配布 371施設

・ポスターの掲示   477施設

・施設内アナウンス  141施設

・広報誌等への掲載   19施設

・ホームページへの掲載 99施設

・視認性に向けた取組 212施設

・その他の取組     97施設

【関連資料】

平成30(2018)年度取組結果の概要(PDF:54KB)

参加企業、自治体等取組一覧(PDF:122KB)

過去の実施結果

平成29年度取組結果の概要(PDF:54KB)     参加企業、自治体等取組一覧(PDF:108KB)

平成28年度取組結果の概要(PDF:54KB)  参加企業、自治体等取組一覧(PDF:80KB)

県民の皆様へお願い

おもいやり駐車スペースは、障害や疾病など様々な理由で外出時に配慮が必要な方のために整備された駐車区間です。

利用証のない方については、駐車をご遠慮ください。

また、おもいやり駐車スペースの利用対象にあたる場合であっても、幅の広い駐車区間は車いすを利用する方が優先的に利用できるよう譲っていただくなど、できる範囲での配慮をお願いします。

平成28年4月1日に施行された栃木県障害者差別解消推進条例の第13条においても、障害者に対する合理的配慮が求められています。(栃木県障害者差別解消推進条例についての詳細は、下記リンクからご覧ください。)

栃木県障害者差別解消推進条例

県民ひとりひとりが「おもいやり」の心を持ち、互いに譲り合い、皆がくらしやすい栃木県になるよう、皆様のご理解、ご協力をお願いします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉課 地域福祉担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-3047

ファックス番号:028-623-3131

Email:hofuku@pref.tochigi.lg.jp