ホーム > 福祉・医療 > 医療 > 医療施策 > 令和元(2019)年度医療機関非常用自家発電設備整備支援事業の実施について

ここから本文です。

更新日:2019年4月12日

令和元(2019)年度医療機関非常用自家発電設備整備支援事業の実施について

 訪問診療が必要な人工呼吸器使用患者が使用する人工呼吸器が長期停電時においても稼働できるよう、停電時に備えて患者に貸し出せる簡易自家発電装置等を整備し、災害時においても患者の生命を維持できる体制の整備を図ることを目的として、下記のとおり医療機関非常用自家発電設備整備支援事業を実施します。

※追加募集(第3次募集)を受け付けは終了しました。

1 事業内容

 訪問診療が必要な人工呼吸器使用患者を診療している医療機関において、停電時に備えて患者に貸し出せる簡易自家発電装置等を整備するための経費の一部を補助します。
※ 簡易自家発電装置等は、災害等による電力不足に備えて、訪問診療が必要な人工呼吸器使用患者を診療している医療機関が患者の療養の確保に必要な設備を無償で貸し出すために整備するものとします。
※ 簡易自家発電装置等とは、ガソリン・ガス等で駆動される自家発電装置、人工呼吸器の予備バッテリーをいいます。
※ 当該事業に、補助した簡易自家発電装置等にかかる保守・点検等のランニングコストは含まれません。

2 申請資格

 県内に所在する医療法第7条の規定に基づき許可を受けた病院及び診療所、又は同法第8条の規定に基づき届出をした診療所であること。

3 補助金額

 1台あたりの基準(上限)額212,000円と対象経費の実支出額とを比較して少ない方の額を選定し、選定された額と、総事業費から寄付金その他の収入額を控除した額とを比較して少ない方の額に、補助率1/2を乗じた額を補助とします。

4 申請手続・申請期限

 補助金の交付を希望される場合には、申請前に医療政策課在宅医療・介護連携担当までお電話にてご連絡ください。その後、次の申請書類を医療政策課在宅医療・介護連携担当宛てに郵送いただくか、持参してください。なお、厚生労働省に事業計画を提出する必要がありますので、提出期限は令和元(2019)年11月20日(水)までとします。

5 実施要綱及び補助金交付要領等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

医療政策課 在宅医療・介護連携担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-2810

ファックス番号:028-623-3131

Email:zaikairenkei@pref.tochigi.lg.jp

広告