ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 保健福祉部 > 医療政策課 > 新型コロナウイルス感染症医療機関緊急経営安定化資金について

ここから本文です。

更新日:2020年7月2日

新型コロナウイルス感染症医療機関緊急経営安定化資金について

県では、新型コロナウイルス感染症による影響を受けた医療機関の資金繰りを支援するために、県制度融資「新型コロナウイルス感染症医療機関緊急経営安定化資金」を創設しました。

1 支援内容

県制度融資「新型コロナウイルス感染症医療機関緊急経営安定化資金」

  • 融資対象者 新型コロナウイルス感染症による影響を受けて、最近1か月の医業収入が前年同月に比較して3%以上減少

         している医療機関(※)

   ※本資金における医療機関とは、医療法上の病院及び診療所を指します。ただし、地方公共団体並びに独立行政法人及び

   地方独立行政法人が開設する病院及び診療所を除きます。

  • 資金使途  経営の安定に必要な運転資金、設備資金 (土地取得費を除く。)
  • 融資限度額 10億円
  • 融資期間  10年以内(うち、据置期間2年以内)
  • 融資利率  
常時使用する従業者数が300人以下の医療機関 年1.2%以内(責任共有制度対象外)
年1.4%以内(責任共有制度対象)
常時使用する従業者数が300人超の医療機関 年1.6%以内(保証なし)

 

  • 申込先   銀行、信用金庫、信用組合または商工中金

       (申込みの流れ融資申込先・取扱金融機関(経営支援課のページへリンク)

  • 運用開始日 令和2(2020)年7月1日

保証料補給

  • 内容    保証料の一部を県が補給します
  • 対象者   新型コロナウイルス感染症医療機関緊急経営安定化資金を利用した医療機関 (常時使用する従業者が300人以下)
  • 補給料率  
セーフティネット保証4号 0.2%を県が負担
セーフティネット保証5号
危機関連保証
一般保証 一般保証料率の30%を県が負担

利子補給

  •  内容    当初1年分の利子を県が補給します
  • 対象者    新型コロナウイルス感染症医療機関緊急経営安定化資金を利用した医療機関

要綱・チラシ

  別記様式1 県制度資金預託金請求書(エクセル:38KB)

  別記様式2 融資実績報告書(エクセル:28KB)

  別記様式3 融資実行報告書(融資先)一覧(エクセル:37KB)

  別記様式4 融資実行報告書(エクセル:61KB)

  別記様式5 経営状況調書(エクセル:28KB)

  

  • チラシ(PDF:180KB)
  • 利子補給補助金交付要綱(キャッシュバック方式)
  • 利子補給補助金交付要綱(リアルタイム方式)
  • 事務費補助金交付要綱(キャッシュバック方式)
  • 事務費補助金交付要綱(リアルタイム方式)

 

申込に必要な書類

県税の滞納がないことを証する書面【必須】(※)

 (使用目的が「栃木県の融資制度の融資申込みのため」となっている県税事務所長発行の納税証明書)

  ※ただし、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて納税が遅延しているものについてはこの限りではない。

許可証の写し【病院・有床診療所の場合】

営業状況調書(制度融資要綱別記様式5)【必須】(エクセル:28KB)

市町の発行するセーフティネット保証4号・5号及び危機関連保証の認定書【該当する場合】

 

2 問合せ先

栃木県保健福祉部医療政策課医療体制整備担当

TEL 028-623-3157

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

医療政策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-3157

ファックス番号:028-623-3131

Email:iryo@pref.tochigi.lg.jp