ホーム > 福祉・医療 > 医療 > 医療施策 > 令和2(2020)年度訪問看護ステーション設備整備支援事業の実施について

ここから本文です。

更新日:2020年10月1日

令和2(2020)年度訪問看護ステーション設備整備支援事業の実施について

 訪問看護ステーションの整備促進を図るため、下記のとおり訪問看護ステーションの開設等に係る設備整備に補助を行います。

1 補助対象者

(1) 以下の対象市町に、新たに訪問看護ステーション(介護保険法第41条第1項の指定を受けるものとし、同法第71条による保険医療機関のみなし指定を受けるものを除く。以下、同じ。)又はそのサテライト(当該サテライトについて、同法第75条第1項の規定により届出を行うものを含む。)を開設する者。

 【(1)の対象市町】

 (ア) 令和2(2020)年4月1日時点で、訪問看護ステーションが未設置の市町(日光市(旧今市市を除く)、茂木町、市貝町、芳賀町、那珂川町)

 (イ) 令和2(2020)年4月1日時点で、人口10万人あたりの訪問看護ステーションにおける訪問看護職員の常勤換算数が20人未満の市町(真岡市、さくら市、上三川町、益子町)

 

(2) 以下の市町に、すでに訪問看護ステーションを開設している者で、当該訪問看護ステーションについて、新たに「訪問看護療養費に係る訪問看護ステーションの基準等(平成18年3月6日厚生労働省告示第103号)」に定める機能強化型訪問看護管理療養費1又は2に係る届出を行う者。

 【(2)の対象市町】

 (ア) 令和2(2020)年4月1日時点で、機能強化型訪問看護管理療養費を取得している訪問看護ステーションが未設置の市町(栃木市、鹿沼市、日光市、矢板市、那須塩原市、さくら市、上三川町、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町、塩谷町、那須町、那珂川町)

 (イ) 令和2(2020)年4月1日時点で、機能強化型訪問看護管理療養費を取得している訪問看護ステーションがすでに設置されている市町(宇都宮市、足利市、佐野市、小山市、真岡市、大田原市、那須烏山市、下野市、壬生町、野木町、高根沢町)

※ 補助対象者の要件の詳細については、補助金実施要綱及び交付要領をご確認ください。

※ 対象市町の違いにより、補助金の補助率が異なりますのでご注意ください。

 

2 事業内容

(1) 補助対象者が1の(1)に該当する場合は、訪問看護ステーション又はそのサテライトの開設に必要な備品等の設備整備に要する経費について、県が上限額の範囲内で補助金を交付します。


(2) 補助対象者が1の(2)に該当する場合は、機能強化型訪問看護管理療養費1又は2に係る届出を行うあたり、看護職員(保健師、看護師及び准看護師)を増員した場合に、その増員した看護職員に必要となる備品等の設備整備に要する経費について、県が上限額の範囲内で補助金を交付します。

※ 補助対象経費の詳細については、実施要綱及び交付要領をご確認ください。

※ 補助金交付決定後に着手(購入)するものを対象とします。      

3 交付申請の期限

 令和2(2020)年度の補助金の交付申請は、原則、令和3(2021)年2月12日(金)までに行ってください。ただし、これ以前においても、補助金交付決定額の合計額が令和2(2020)年度の予算額に達した時点で申請の受付を終了します。

4 申請手続 

 補助金の交付を希望される場合は、実施要綱、交付要領及び交付申請についての留意事項をご確認の上、事前に医療政策課在宅医療・介護連携担当に確認の上、申請してください。

5 申請・問い合わせ先

〒320-8501

宇都宮市塙田1-1-20  

栃木県保健福祉部医療政策課 在宅医療・介護連携担当

電話番号 028-623-2810

ファックス番号 028-623-3131

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

医療政策課 在宅医療・介護連携担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-2810

ファックス番号:028-623-3131

Email:iryo@pref.tochigi.lg.jp

広告