ホーム > 福祉・医療 > 医療 > 救急医療 > 栃木県の救急医療体制

ここから本文です。

更新日:2016年8月6日

栃木県の救急医療体制

 栃木県では、県民のみなさんがいざというときに身近な地域で救急医療を利用することができるよう、県内を10の救急医療圏に区分し、救急医療体制を整備しています。

 

救急医療体制圏域図(平成28年7月現在)(PDF:254KB)

栃木県の救急医療体制

 救急医療体制は、投薬や簡単な処置で済む比較的症状の軽い患者を対象とする初期救急、入院や手術が必要な重症な患者を対象とする二次救急、脳卒中など特に症状の重い患者を対象とする三次救急から成り立っています。

 救急医療圏別救急医療体制(平成28年7月現在)(PDF:103KB)

 
 急な病気やけがをされ、受診できる診療所や病院を知りたい方は『とちぎ医療情報ネット』http://www.qq.pref.tochigi.lg.jp(外部サイトへリンク))をご覧ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

医療政策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-3157

ファックス番号:028-623-3056

Email:iryo@pref.tochigi.lg.jp