ホーム > 福祉・医療 > 高齢者 > 旧軍人軍属・遺族援護 > 8月15日は、戦没者を追悼し平和を祈念する日です

ここから本文です。

更新日:2017年6月23日

8月15日は、戦没者を追悼し平和を祈念する日です

戦没者の追悼について(8月15日)

「戦没者を追悼し平和を祈念する日」について

 先の大戦において亡くなられた方々を追悼し平和を祈念するため、昭和57年4月13日の閣議決定により、毎年8月15日が「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とされました。

 

全国戦没者追悼式について

 政府は、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に、日本武道館において全国戦没者追悼式を執り行うこととしています。

 この追悼式は、先の大戦における310万余の戦争犠牲者に対し国を挙げて追悼の誠を捧げるとともに、多くの犠牲の上にもたらされた平和への思いを新たにするため実施されています。式典では、正午の時報を合図に、戦没者の御冥福と平和を祈り、黙とうが捧げられます。

 昨年の様子(外部サイトへリンク)

 

8月15日の正午に、1分間の黙とうを

 県民の皆様には、戦場や戦禍に倒れ、あるいは戦後異境の地に亡くなられた方々をしのび、平和を祈念するため、8月15日の正午にそれぞれの職場または家庭において1分間の黙とうを捧げられますようお願いいたします。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

高齢対策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-3054

ファックス番号:028-623-3058

Email:kaigo@pref.tochigi.lg.jp